紫外線が皮膚の黒ずみになるのは事実です。
紫外線対策のほか、抗酸化成分の摂取、脱毛処理などの対策が必要となります。

紫外線により皮膚は黒くなる

紫外線を浴びると、皮膚が黒くなりやすいのは間違いありません。
いわゆる日焼けという状態になりますし、変化が見られなくても肌はダメージを受けています。メラニン色素の分泌が活発になり、将来の黒ずみの原因となります。

20代のころはまったく問題なくとも、30代になってから急にシミに悩まされる方は多いでしょう。見た目には問題がなくとも、シミの卵はすでに生まれています。それが表面化するかどうかの問題なのです。
日焼け止めクリームは肌に悪いから使わないという方もいますが、紫外線を直接受けるほうが何倍も肌に悪いのです。

受けた紫外線のダメージはなかったことにはできませんが、クリームはクレンジングや石鹸で綺麗にできます。
お肌は強いと自負する方も、将来は敏感肌に変わってしまう可能性があります。
今から紫外線対策をしておくことは非常に大切です。

黒ずみ対策には抗酸化成分を

サプリ

紫外線による黒ずみ対策となるのが抗酸化成分の摂取です。化粧水や美容液を使用することも大切ですが、体内から抗酸化力のある栄養素を摂るのも効果的です。

ビタミンCは黒ずみを予防してくれる成分として知られています。レモン、いちご、赤ピーマンなどに多く含まれていますが、サプリで摂取するのが一番効果的です。

特に天然成分を使用したサプリは吸収率が高く、メラニン色素の沈着を抑制する作用が期待できます。ビタミンC以外の抗酸化成分も、皮膚の色素沈着を抑制する作用があるので利用しましょう。カロチノイド、ポリフェノールなどもおすすめです。
食生活では野菜を多く食べるようにすると、日焼けのダメージを軽減するのに役立ちます。

ムダ毛処理と保湿の大切さ

皮膚へのダメージを抑えるには、エステやクリニックなどで脱毛を受けておくことです。自己処理がお肌に悪いのは、永久的に処理から解放されないからです。シェービングで処理を重ねることで、ムダ毛が薄くなった方はいないでしょう。薄くするには減毛効果のある方法でないといけません。

現在においては、エステやクリニックの脱毛しかありません。ムダ毛処理から解放されれば、紫外線のダメージを抑制することができます。

さらに保湿ケアを徹底すれば、バリア機能を高めることで黒ずみを予防できるでしょう。お肌のトラブルを防ぐために一番効果的なケアは保湿なのです。他のどんなケアよりも保湿を優先させましょう。