脂性肌が原因で起こる素肌や体に頭皮のトラブルとして、皮膚の黒ずみも悩ませる一つとなります。

脂っぽい肌にはたくさんの皮脂が出ているからであり、バランスを崩しているサインでもあります。

頭皮のトラブルが多いのは皮脂量の多さも理由

かゆみやベタつきなどの頭皮トラブルは、皮脂の過剰な分泌量が招いていることもでもあります。

毎日バスタイムでのシャワーを使う日本人ですが、日常的に使うシャンプー剤も、毛穴の詰まりを招いています。
市販のドラッグストアなどでのシャンプー剤は、合成界面活性剤使用で洗浄力が強烈です。
価格的にも安いので誰でも購入ができますし、毎日のシャンプーで使うと必要な潤いも洗い流して、皮膚には次第に乾燥を感じやすくなります。

乾いた皮膚は慌てて潤いを求めるので、毛穴から過剰な皮脂を分泌させて、多過ぎるが故に問題を招くことになります。

皮脂の分泌の多さは毛穴を黒くする要因に

008020

適度の皮脂分泌は潤いになりますが、多すぎる毛穴からの皮脂の分泌は毛穴を詰まらせる要因です。
毛穴には多すぎる皮脂が詰まりますし、そのまま酸化をして黒く汚れて見えるようになります。

黒ずみを生じた毛穴の肌は汚く見えるので、強力なシャンプーでさらに頭を洗い、もっと皮脂を多くさせるという、負のスパイラルに落ちていきます。
どこかで気がつかないとなりませんし、皮脂分泌を解消するためにも、市販の安価なシャンプーで何回も髪を洗うのは控える必要が出てきます。

それは背中や肌状態全体への影響にもなりますので、過剰なシャンプーの使用は避けるべきでしょう。
肌に優しいシャンプー剤を選び、すすぎ洗いはパーフェクトに行うようにします。

規則正しい生活と洗顔で改善を

皮膚の黒ずみを起こさせないためにも、生活を規則正しく送るのはとても重要です。
皮脂分泌の多さはホルモンのアンバランスも関わりを持ち、男性ホルモンが過剰であれば皮脂は無駄に多くなります。

皮膚の黒ずみを起こさないためにも、自律神経を整え、ホルモンのバランスも均等にする必要があります。そのためには生活を規則正しく行い、ホルモンを良い状態に管理することが大前提です。
夜は早く眠り、食事ではビタミンやミネラルもたっぷりと取りましょう。

それとともに、黒ずみ対策では正しい洗顔も必要であり、強力な洗顔料を何回も使わないで、洗顔料は1日に1回だけにすることです。
朝は水洗顔かぬるま湯洗顔で十分であり、肌状態を良いものとしましょう。