座りっぱなしの仕事や少しの刺激で肌は黒ずんでしまいます。
一度黒ずんだ肌はなかなか戻せないイメージがありますが正しいケア方法を知れば黒ずみを予防し改善することも出来ます。

黒ずみが肌に出来てしまうメカニズム

黒ずみは顔だけではなく体にも出来てしまいます。
黒ずみが出来てしまう原因は生活習慣の乱れや女性ホルモン、肌への断続的な刺激です。

肌は本来、正常なターンオーバーを繰り返しみずみずしい肌を次々と再生させます。
しかし不規則な生活を送ってしまうとこのターンオーバーの周期が乱れてしまうため正常な肌を再生できません。
そのため黒ずみがより目立つ悪循環に陥ってしまいます。

また女性ホルモンも大きく関係していて、生理前後は特に女性は肌の調子が悪くなります。
この事を身をもって体験している女性は多くいるでしょう。
この生理前後の肌の不調が黒ずみを招いてしまいます。

もう一つ見落とされがちなのが肌への断続的な刺激です。
これは普段から乾燥肌の人へは顕著で下着や衣類が擦れることにより肌トラブルが起きます。
特に股の部分が下着と擦れやすいため黒くなってしまいます。
普段は目につかずデリケートな場所なので気づいた時にはかなり黒ずみが進んだ状態になっている場合もあります。

誰にでも出来る有効な黒ずみ対策とは

03

黒ずみが出来てしまったからと言って諦めてはいけません。
特に隠れがちな場所のケアは難しいと思われていますが、正しいケアを行う事で確実に黒ずみは消すことが出来ます。

最も適切な方法はピーチローズで普段から肌を整えることです。
ピーチローズは肌に良い成分がふんだんに入っていて、潤いをたっぷりと与えてくれます。

特にお風呂上がりの肌が清潔に保たれた状態で塗ると効果が倍増です。
どの化粧品でもそうですが清潔な肌はしみこみ方が全く違います。
お風呂では洗いすぎない程度に肌を優しく洗ってください。

エステや専門のクリニックに行くのは勇気が必要ですが、自宅でケアが出来るピーチローズは女性の強い味方と言えるでしょう。

普段の生活で黒ずみをつくらないためには

ピーチローズを使用するほかにも普段生活で食生活に気を配ったり、適度な運動をすることで肌の新陳代謝を促し、
ターンオーバーを助けてあげることを忘れてはいけません。

毎日の積み重ねが綺麗な肌をつくります。
その上でピーチローズを使用すれば必ず鏡で自分の姿を見ることが嬉しくなるような肌になるでしょう。