皮膚の黒ずみは、皮膚を暗い印象に変えてしまったり、清潔なのに汚れていると誤解を与える原因になります。また、皮膚から艶や潤いも損なわれるので、皮膚の黒ずみは避ける必要がある問題といえます。

お肌のメカニズム

一度皮膚の黒ずみが発生すると、元の肌色に戻すには時間がかかるので、皮膚を保護して黒ずみを作らないことが重要です。原因がわかれば皮膚の黒ずみは避けられますし、既に出来ている場合は悪化が防げるので、今からでも諦めずに取り組み始める事がおすすめです。

肌の細胞は生きていること、常に分裂と入れ替わりを繰り返していること、この二点がポイントで、これを理解しておけば皮膚の黒ずみは怖くありません。
健康的な生活を始めれば、黒ずみだけではなく肌の健康を取り戻したり、若々しい印象を与える肌が手に入ります。

黒ずみの予防方法

紫外線対策

皮膚の黒ずみは作らない予防が大切です。黒ずみの原因は色素の発生と沈着で、細胞の奥深くにインクが付着するものと考える事が出来ます。古くなった細胞は、角質として表面に押し出されるので、ある程度の黒ずみは古い皮と共に体外に排出されます。
しかし、多くの色素は体内に残るので、細胞が入れ替わっても中々肌色が回復出来ません。発生すると厄介なこの問題は、避ける事が何よりも重要なので、予防策を優先して始める事が必要です。

保護する事が皮膚の黒ずみを避ける方法です。黒ずみの元は色素にあるので、色素を作り出さないことが具体的な予防策になります。色素が発生するタイミングは、肌の摩擦が強く起こったり、繰り返し刺激がある事で色素は誕生します。

一方では、紫外線の影響も無視出来ないので、面倒でも肌が露出する部分は紫外線対策を行う事が不可欠です。
肌がダメージを受けた際には、直ぐにケアをして被害を食い止める事、そして肌細胞の回復力を高める二点が予防効果を高める秘訣です。

内側からのケアが大事!

皮膚の黒ずみに効く一段上の方法があります。物理的な刺激を避けたり、外的な要因を遠ざけるやり方は効果的です。
ただ、これだけでは肌を守り切る事は難しいので、肌サイクルを正常に保ったり、細胞の入れ替わりを助ける工夫を加える点が黒ずみを遠ざけます。

野菜や果物中心の食事は、ビタミンを始めとした栄養が十分に吸収出来たり、栄養素が体に行き渡る事で血肉となります。
血流を促す運動は、毛細血管の働きを活性化するので、吸収した栄養を届ける働きに結び付きます。

疲れは肌の大敵と表現される通り、疲労の蓄積は黒ずみに対する防御機能、黒ずみを退治する回復機能を低下させるので、深い睡眠とリラックスを忘れない事も黒ずみ対策では必要になります。