黒ずみに悩まされている場合、まずはどこのパーツに現れているのかを確認します。
露出の多い部分なら紫外線による影響が懸念されますし、衣服との摩擦が多い部分なら刺激によって黒ずみが引き起こされている可能性が高くなります。

また、元々乾燥肌の人は外的刺激を受けやすい状態ですので、通常なら問題にならないようなケースであっても肌トラブルに発展してしまうことがあります。

個々の肌質によってリスクが違ってきますので、肌タイプとコンディションについても確認しておくことが大切です。
原因が分かれば、適切な対処法も見えてきます。

最初に確認したい肌タイプ

黒ずみができやすい人は乾燥していることが多いようです。
乾燥は様々な肌トラブルを招き、老化現象もその一つです。
乾くと細胞の働きが弱まって代謝機能が鈍くなりますので、その結果瑞々しい細胞を作り出すことができなくなり老化につながります。

黒ずみにも同じようなことが言えますので、細胞の働きが弱まることでメラニンの排出が遅れます。
メラニンの排出が遅れると肌中に留まる量が増えて、目に見える変化となって現れます。

細胞の働きを活性化させることは様々な肌トラブルの改善につながりますし、予防をすることもできますので、毎日のケアでは保湿を徹底することが大切です。

保湿効果の高い成分を補った後は、クリームや乳液で蓋をして蒸発するのを防ぎます。
こうすることで、作用が長く続いて効果がアップします。

紫外線を浴びやすいパーツのケア

保湿

紫外線を浴びやすいパーツのケアを行う時には、ビタミンC誘導体のような美白作用の高い化粧品を利用します。
ビタミンC誘導体の優れている点は、メラニン色素の還元を促しながら、同時に生成を抑制することもできるところです。
改善と予防を効率良く行うことができ、肌への浸透率も優れています。

化粧品として使用する場合でも安定した作用を期待することができますので、優秀な美白成分として定着しています。

摩擦が起こりやすいパーツのケア

摩擦が起こりやすいパーツは皮膚が硬くなっていることも多いので、まずは柔らかくするために古い細胞を取り除きます。
その際に使用するのはピーリング作用のある化粧水であり、週に1~2回行えば少しずつ柔らかくなります。

柔らかくなった皮膚には化粧水がよく浸み込みますので、通常使用している化粧品で保湿ケアを行います。
保湿ケアを行って代謝を活発にすれば状態は良くなるはずです。