肌はいつもきれいに保っておきたいですが、お手入れをしっかりしているつもりでも古い角質が溜まってしまったり、肌に黒ずみが発生することもあります。
こうした悩みがある場合はお手入れ方法が間違っている可能性もありますので、スキンケアを見直すことも大切です。
そして改善のためには肌の不調の原因もよく知っておきましょう。

トラブルの原因を知る

肌は毎日お手入れしているつもりでも、古い角質がたまってきたり、黒ずみが発生してしまうこともあります。
改善のためには、まずはその原因を知り、それぞれに合った対策で改善を目指していきましょう。

肌がごわつくなど古い角質が溜まってしまう原因はターンオーバーの機能が衰えていることがあげられます。
それゆえに、ターンオーバーを促進させる工夫も必要です。
肌が黒ずんでしまう原因は摩擦など刺激によるところも大きいですが、そのほかでは紫外線の影響、乾燥、毛穴の汚れなどもあげられます。

ターンオーバーの機能を高めるには

15-1

若い肌はターンオーバーの活発なので肌トラブルもおきにくい傾向にあります。
古い角質がたまったままだと、シワ、シミ、くすみなど様々な肌トラブルが起きやすくなってしまいます。
不調を改善するためには、ターンオーバーの機能を促進させることも大切です。

ピーリング効果のありジェルや石鹸を利用すれば穏やかに角質をはがすことができますし、保湿ケアもしっかり行うことも大切です。
さらにマッサージなどで血行を促進することも代謝アップに役立ちます。

このほかでは睡眠不足もターンオーバーの機能を低下させてしまいますので、質の良い睡眠を摂るよう心がけましょう。

肌の黒ずみを改善しよう

肌に余計な刺激が加わると黒ずみが悪化することにつながりますので、優しいお手入れが大切です。
洗顔やスキンケアの際も余計な力を入れず、優しくケアするよう心がけていきましょう。

そして、デリケートゾーンなどの場合は生理用品や下着をより優しい素材に替えてみることもおすすめです。
体や顔を洗うときもゴシゴシこすったりせず、優しく洗うことが大切です。

そして毛穴のつまりも肌を黒ずんで見せてしまいますので、パックを行ったり、オイルクレンジングで毛穴に詰まった汚れを溶かして落としてみることもおすすめです。
お手入れが終わったあとは、毛穴をしっかり引き締めるためにも保湿ケアもきちんと行っておきましょう。
保湿をしっかり行うことはもちろん、美白効果の高い成分が入っている化粧品を選ぶことも改善に役立ちます。