自宅で行う脱毛ケアの注意として、皮膚に黒ずみを生じさせないようにすることは、未来の肌のためにも重要課題になります。

セルフでできるムダ毛への処理は楽なものですし、エステやクリニックみたいに予約をする必要もないです。
自己管理にで行うムダ毛の処理だからこそ、肌に対して優しいお手入れをしていく必要があります。

いきなりカミソリを表皮にあてないこと

自宅でのセルフでの脱毛処理では、カミソリや毛抜きなどを利用するケースが大半です。
自分で自分の肌に対して行う行為ではありますが、カミソリなどをいきなり肌に当てないことです。

表皮はスキンケアをした後でもない限り、常に肌は乾いている状態だということを知りましょう。日本は四季による温暖の変化がありますし、室内の空調からしても乾燥をしているものです。
いつも表皮は乾いていることを理解したら、そのままカミソリを肌に当てると、皮膚には余計に負担になるということが自分でもわかるというものです。

表皮は乾燥をしていると余計にダメージを受け、皮膚には黒ずみが生じやすくなるので、気をつける必要があります。

皮膚の乾燥を放置するのは厳禁な行為

10a76419716_s

自宅脱毛ケアとして注意をすることは、ムダ毛の処理をしたら終わりではないということです。

どのようなホームケアでの脱毛処理をしたとしても、肌はとても乾燥をした状態になります。表皮へのカミソリ処理は皮膚への傷をつくりますし、毛抜きは無理に毛を抜くので、周囲への炎症を勃発させます。
皮膚は強いようで刺激には弱く、皮膚は治るために炎症を起こしますが、乾燥をしていると余計にダメージが深くなります。

皮膚の炎症は熱を伴い、水分はもっと蒸発します。
だから自己処理でのケアとして、乾燥する皮膚は放置はしないことです。

弱くなっている皮膚には紫外線は御法度

自宅での脱毛処理でその後のケアは、皮膚への黒ずみを生じさせるかどうかの瀬戸際になります。
乾燥をしている状態の皮膚には、潤いというローションケアが必要であり、クリームで油分補充も大事となります。

さらにムダ毛のセルフ処理をしたら、皮膚には傷もついていて弱い状態なので、紫外線に当たると日焼けをしやすくなります。
紫外線の光は強いものであり、毛穴の奥まで入り込んで皮膚細胞を破壊します。

ただでさえも弱い皮膚に、紫外線は余計に黒ずみをもたらすこととなります。
そうならないためにも、自己処理後はUVケアも怠ることができません。