皮膚と言うのは知らない間に黒ずみが出来てしまっている事があります。
また見えない部分だけが黒くなってしまっている場合もあり、その場合はなかなか気づく事ができません。

一度黒くなってしまった皮膚はもう戻す事が出来ないのではないかと悲しんでしまう人もいますが、実際には自力で治す事も可能です。

黒ずみの原因を知ろう!

まず皮膚の黒ずみの原因は、刺激です。
例えばいつも同じ所をこすってしまっている、窮屈な衣装を着ていると言う場合は肌がこすれてしまって刺激が与えられ続ける状態になります。すると肌の方はこれ以上刺激を受けてしまわないようにと出来るだけガードする様に働きます。そこで皮膚が分厚くなったり黒ずんだりしてしまうのです。

もう一つは炎症です。例えば皮膚炎などを起こした時、正しく治療をすればよくなって行くのですが、時には炎症だけが無くなり黒ずみだけが残ってしまうと言う事もあります。この様な原因により、人の皮膚は簡単に黒ずんでしまう事があるので注意が必要です。
では、1回黒くなってしまった場合はもうあきらめるしかないのでしょうか。いえ、けっしてそんな事は有りません。原因が分かっているのであれば、まずはそれを除去する所から始めましょう。

黒ずみ除去の方法

まず一つは窮屈な衣装やゴムでの締め付けがないようにすると言う事です。ウエストなどは締める方が細くなると思っている人もいますが、そこで肌がこすれ合ってしまうと黒くなってしまうので良くありません。

ただ締めないと太くなってしまうと心配するのであれば、締める日と締めない日を作るのも一つの方法です。
ON,OFFをはっきりとさせる事によって黒ずみを防ぐ事は可能です。

もう一つは保湿をしっかりと行うと言う事です。化粧水や乳液などを使って肌をできるだけ柔らかい状態にしておきましょう。
そうすれば炎症などが治った後も、比較的黒くならない状態にし続ける事が出来ます。

健康な肌の状態を作ろう

また、ビタミンなどを積極的に摂取して、肌の状態をよくしておくと言う事も必要です。人によって黒ずみが出来たりできなかったりと言うのがありますが、これは体質の差だけでなく肌の状態の差も関係してきます。

出来るだけ健康な肌を作って黒ずみを防ぐ為にも、毎日規則正しい生活を心掛けつつ、出来るだけコンスタントにビタミンを摂取しましょう。

基本的には食事からの摂取でも良いのですが、栄養バランスを保つ事が難しいと感じている人はサプリメントを利用する方法も便利です。