体の黒ずみやシミを何とかしたいと思っている女性は多いのではないでしょうか?
そんな女性におすすめなのが、ヨーグルトを利用した美容法です。
ヨーグルトの上澄み液であるホエーには肌のトーンをアップさせる作用があるため、肌のトラブルに悩む女性から注目されています。

ホエーとは?

今回は、ヨーグルトをどのように使うと美白効果が得られるのかをご紹介します。

ホエーはヨーグルトの上澄み液のことで、乳清とも呼ばれます。
ヨーグルトに含まれる乳酸菌は糖類などを分解することで乳酸を作ります。

乳酸は、ピーリング、美白、ターンオーバーの促進、保湿という美容効果があります。
ヨーグルトから脂肪分が取り除かれた乳清は、皮膚に近い成分のため、ヨーグルトを使うよりも肌にやさしいと言われています。

ホエーの美白効果とは?

014

ホエーを使うと、肌に透明感となめらかさ、しっとり感が感じられるのは、乳酸菌が作り出す乳酸によるものです。
乳酸は、ピーリングにも使われるAHAと呼ばれるフルーツ酸の一種です。

肌の黒ずみやシミを解消するには、肌内部に蓄積されているメラニンを外に排せつさせることが大切です。
そのためには、肌の代謝を上げるピーリングが効果的です。
乳酸は遅くなったターンオーバーを促し、メラニンがスムーズに排せつされるよう働きます。

ピーリングには、こするタイプの商品もありますが、肌に負担がかかります。
ですが、ホエーは肌に負担をかけることなく、肌のターンオーバーを促し、美白効果をもたらします。

ホエーの効果的な使い方とは?

用意するものは、無糖のヨーグルトです。
ヨーグルトの上澄みを別の容器に移す方法もありますが、水切りをするとたくさんの量が取れるのでおすすめです。
水切りの方法は、ボウルの上にクッキングペーパーを敷いたザルをのせ、そこに無糖のヨーグルトを入れて冷蔵庫で一晩置くだけです。
翌朝になると、ボウルの中にホエーがたまっているので、それを使用します。

美白のために使うなら、パックがおすすめです。
週2~3回を目安に続けると、3か月後には肌が明るくなります。
黒ずみやシミが気になる部分に直接塗り、3~5分経ったら洗い流します。

特に気になる部分には、コットンにパック液を染み込ませて貼り付けた上からラップで覆うと浸透力が増します。
この場合も、3~5分置いた後、洗い流します。
さらに効果を上げたい場合は、ハチミツと小麦粉を加えるのがおすすめです。
小麦粉は肌のトーンを上げる効果があり、ハチミツは保湿効果と殺菌作用がありますので、高い美肌効果が期待できます。