肌の黒ずみで悩んでいる人は多いのですが、まずはその原因について知っておくと良いでしょう。
黒ずみは角栓が詰まって起きることが多く、角栓とは皮脂と角質が混ざってて毛穴に詰まっている状態です。

誰にでも皮脂と角質は存在しており、角栓は皮膚のサイクル上避けられないものとなっています。
つまりトラブルではなく健康な肌である証と言うこともできるでしょう。

黒ずみの改善は難しい

ちなみに、毛穴が目立つようになると日常のスキンケアで改善することは難しいとされています。
症状が軽い場合は化粧品などのケアで改善できることもありますが、クレーター状になった毛穴を改善することがほぼ不可能とされています。

乾燥が原因で目立っている毛穴の場合、保湿ケアで改善できることがあります。

毛穴のケア方法

クレンジング

黒ずみを早く除去したいと考えており、肌を強く擦って洗っているという人もいるでしょう。

角栓の原因である角質はタンパク質でできており、通常のクレンジング料や洗顔料では皮脂を落とすことはできても、古い角質までは落とすことができません。
つまり気になる黒ずみは普通に洗うだけでは改善することができないのです。

力を入れて擦ることで毛穴が余計に開いてしまいますし、セラミドなどの保湿成分が流出してしまうため、乾燥肌がさらに悪化してしまうでしょう。

また、過度な摩擦を与えることでメラニンの生成が活発になり、より黒ずんでしまうことがありますし、シミの原因となってしまうこともあります。

正しい洗顔と生活習慣の見直しが大切

肌トラブルを防ぎたいという場合、正しい洗顔方法を知っておくことはもちろん、生活習慣の見直しもポイントとなります。
肌というのは夜10時から2時までの間に生まれ変わるとされており、その間にしっかり眠るようにすることが大切です。

起きていても代謝は活発にならないため、肌のためにはできるだけ早く就寝するようにしましょう。
10時までに眠るのが難しいという場合、布団に入って寝つきを良くするように心がけると良いかもしれません。
寝つきを良くするためにはぬるま湯での半身浴が効果的であり、テレビやスマートフォンなどの画面は遠ざけておきましょう。

活性酸素という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、これが過剰に発生することで体内の細胞を酸化させてしまうことがあります。
それによって黒ずみなどが起きりやすくなるため、活性酸素を増やす働きのある喫煙や過度のストレスには注意が必要です。