黒ずみに対して効果的なクリームを活用すると、気なる体の部位を気軽に自宅でケアすることができます。
市販されているものがたくさんありますから、成分や効果を比較して自分の体にあっているものを選ぶことが大切です。

黒ずみの原因は摩擦によるものが多く、肌の表面が荒れてくると起きやすくなります。

浸透力が違うビタミンC誘導体が効果的

メラニン色素は真皮層など肌の奥でも色素沈着を起こしますから、肌に塗るクリームも奥まで浸透するものであることが重要になります。
ビタミンCは抗酸化作用があり新陳代謝を促すほか、メラニン色素を還元することができるため色素沈着を起こしている肌を美白にするために有効的な成分です。

しかし、ビタミンCそのままの状態では分子が大きく、肌の奥まで入りこむことが難しいため、分子が小さくなっているビタミンC誘導体になっているものを選ぶようにします。

水溶性プラセンタで美白にしながら肌質も綺麗に

クリーム

メラニン色素に有効性があるのはプラセンタも同じで、メラニン色素を生み出すチロシナーゼの活性を抑制し、抗炎症作用や活性酸素除去の作用が期待できます。
メラニン色素ができにくい肌にしてくれることが特徴です。
水溶性になっていることで浸透力が高まり、黒ずみへの有効性が違ってきます。

細胞を活性化させるための栄養成分としても注目され、肌のターンオーバーがスムーズに行われるように整えてくれるので、すでにできている色素沈着に対するアプローチにも優れています。

プラセンタは胎盤から抽出され、たんぱく質やビタミン、ミネラルや核酸、酵素などが含まれていて、豚などの胎盤が用いられていることもいいですが、成分を似せて合成で作られているものもあります。

セラミドで肌のバリア機能を回復させる

毛穴が開き皮脂が溜まって酸化することでできてしまう角栓による黒ずみは、毛穴を引き締めて肌荒れを回復させることがとても重要になります。
保水力がなくなり乾燥してくると肌を守ろうとして皮脂の分泌が過剰になる仕組みがあり、角栓ができやすい状態が続くことになるからです。
セラミドが肌の角層に十分にあることで肌のハリも良くなり、バリア機能が維持され、保水力に優れた肌になります。

ひとつの成分だけでなく、複合的に黒ずみに効果的な成分が含まれているクリームを用いることで相乗効果が期待できます。
肌に塗る前に清潔にするため、綺麗に洗うことが不可欠で、洗い方も肌を傷めないように優しく洗うことがポイントです。