オロナインは、皮膚用抗菌軟膏剤として1950年代より日本の製薬メーカーが販売している医薬品あり、軽い火傷や足白癬、ニキビ、あかぎれ、霜焼けなどに有効とされていますが、腋や足のニオイ対策や二重まぶたの形成、保湿、日焼けケアなどにも効果を発揮するとして、若い女性も注目している医薬品です。

オロナインはニキビに効果があります。

オロナインは、殺菌効果や消毒効果を有する軟膏剤として一般的に認知されていますが、を公式な適応症の中にニキビがしっかりと記載されており非常に有効です。

ニキビは、プロピオバクテリウム・アクネスとと呼ばれる皮膚常在細菌アクネ桿菌が原因で発現する事が多く、アクネ桿菌は脂肪消化酵素リパーゼを分泌する嫌気性の為、角質で塞がれた毛穴の面皰の中で皮脂を分解しながら増殖し症状を発現させます。

一般的なニキビ対策は、洗顔による角質除去や保湿、ビタミンCの補給などスキンケアが行われていますが、オロナインに含まれるグルコン酸クロルヘキシジンには殺菌効果や消毒効果がある為、少量塗布するだけで原因であるアクネ桿菌を抑制し跡も残さず綺麗に治してくれます。
しかし、早く綺麗に治したいからと言って、多量に塗布すると毛穴を完全に塞いでしまい逆に症状を悪化させるので薄く1日に何度も塗布するのが効果的です。

オロナインは、いちご鼻も解消出来ます。

6--13

いちご鼻の原因は、皮脂30%とタンパク質70%で構成されている角質が毛穴に詰まる事により発症し、食生活や生活習慣の乱れ、皮脂の分泌量の多い人が発症しやすく、症状も重く鼻の頭にニキビが出来てしまう事もあります。

いちご鼻は、毛穴パックなどで毛穴の汚れの除去を試みますがなかなか綺麗に除去出来ず、反対に鼻の皮膚の皮脂を過剰に取り去ってしまい皮膚の乾燥を引き起こし、反対にいちご鼻を悪化させてしまう事があります。

毛穴パックの為の洗顔後に、鼻の皮膚の水分を完全に拭き取りオロナインをしっかりと塗布して10分〜20分放置し、再度ぬるま湯で洗顔して毛穴パックを行います。

オロナインに含まれている成分

オロナインには、オリーブオイルとワセリンが含まれており、ワセリンが皮膚の保湿を保ち皮膚に柔軟性を与え、オリーブオイルが皮膚の皮脂と親和性が高い為に毛穴を含む皮膚や毛穴に詰まった角質などを柔らか、毛穴パックの密着度を高め毛穴の角質や汚れを吸着し易くし、いちご鼻の原因を驚くほど綺麗に除去してくれます。

しかし、毛穴パック後は、毛穴が開いた状態なので充分に冷水で毛穴を引き締めて、しっかりと保湿などの肌の手入れをします。