目の周りにくすみが常にある状態だと、寝不足や体調が悪いようにみえたり実年齢よりも老けた印象を与えかねないため、透明美肌を手に入れて、明るく若々しく保てるようにしましょう。

メラニン色素による影響が原因の場合

肌は、紫外線や乾燥さらにはメイクなどによっても毎日刺激を受けていて、メラニン色素が発生しやすい状況です。
過剰に生成されてしまったり、ターンオーバーが正常に働かず蓄積してしまうと自然に目の周りにくすみが発生してしまいます。

紫外線から肌を守るためにはUVケアを怠らないようにします。
夏の間だけUVケアをする人がいますが、冬場の乾燥して肌が荒れやすい時期は弱い紫外線でも影響を受けやすいので、季節に関係なくケアをするべきです。

真皮層にメラニン色素が沈着してしまうととても厄介で、肌のターンオーバーが進み表面までメラニン色素が押し上げられて来て皮膚が生まれ変わらないと消えないため、目立たなくなるまでとても時間がかかってしまいます。

血行不良による血液の滞留が原因の場合

目元

目の周りは皮膚が薄いため、血行不良になってくるとくすんでいるように見えてきます。
これはターンオーバーの遅れにも関わってきて、必要な栄養素などが十分に運ばれなくなって、古い角質も溜まりやすくなる状況を作ります。

マッサージを行うことで改善を目指せますが、強くこすりすぎてしまうと毛細血管が切れてしまい、余計にくすみを強くすることがあるため、優しく行うことが大切で顔全体から首などもトータルして血流を改善させないと効果が期待できません。
目の周りを蒸しタオルで温めることも、血行を促進させてくれます。

ビタミンCを摂取してトータルケアを行う

メラニン色素の分解や肌細胞の活性化、美白や美肌に大きくかかわっているのがビタミンCであり、不足してしまうと目の周りのくすみも中々改善することができません。
日ごろから野菜や果物で取り入れるようにすることが大切で、パプリカやイチゴなどが摂取しやすくなります。
食べることが苦手な人は野菜ジュースを活用したり、サプリメントに頼るのも手軽で良い方法です。

化粧品でも意識して、ビタミンC誘導体が含まれているものを使うようにすると効果が期待できます。
普通のビタミンCだと、肌の奥まで浸透させることができませんが、ビタミンC誘導体の状態だと真皮層など、肌の透明感を生み出す重要な部分まで浸透し、ビタミンCとなり活躍してくれます。