なかなか改善できないわきの黒ずみで悩んでいる人も多いでしょう。
ノースリーブを着る時期になると気になってしまうものですし、できるだけ早くケアしたいと考えている人もいるかもしれません。
わきというのは普段は人に見せる部分ではありませんが、ちょっとしたタイミングで見られてしまうこともあるのです。

そこで正しいケアを実践することが大切であり、わきが綺麗になることで堂々とノースリーブを着ることができるでしょう。

おすすめのケア方法

わきの黒ずみをケアする場合、まずは専用のクリームを使ってみるという方法があります。
クリームを使う方法なら自宅で手軽に実践することができますし、時間やお金もあまりかからずに済みます。

クリームを使っても症状が改善されない場合は、エステサロンや皮膚科などで治療を受けると良いでしょう。

皮膚科には行きにくいからエステサロンで治療を受けたい、という人もいるかもしれません。
確かにエステサロンの方が治療費は安く済むのですが、医療機関ではないのでレーザーを使った治療や薬を使った治療などは受けることができません。

治療費について

265063

皮膚科はエステサロンよりも治療費が高くなっています。
美白効果のある塗り薬が処方されることになりますが、治療費には保険が適用されないので注意しましょう。

値段は皮膚科によって異なっており、2000~7000円程度かかるということです。

ちなみに、皮膚科というのはもともと皮膚の病気を治療するためのところですし、皮膚を綺麗にすることは専門外なのです。
皮膚をきれいにしたいという場合、専門の治療コースを用意しているクリニックを探した方が良いでしょう。

さまざまな方法で改善できる

わきの黒ずみを、効率よく改善したいと考えている人もいるかもしれません。
そのような人におすすめなのがケミカルピーリングという方法であり、これは薬剤を使って皮膚の表面の古い角質を溶かしてしまうというものです。

ケミカルピーリングを行うと肌のターンオーバーが活性化されますし、黒ずみが改善されて綺麗な肌に生まれ変わることができるのです。

ちなみに、ケミカルピーリングの薬剤はドラッグストアなどでも市販されています。そのため薬剤を購入して自宅でケミカルピーリングを行うこともできます。
しかし市販されている薬剤は濃度が低く、あまり効果を期待できないこともあるでしょう。

皮膚科に通った方が、より確実に肌の悩みを改善できるということです。