ムダ毛の処理をきちんとしているのに、脇の肌の黒ずみがどんどん広がって気になるという人は少なくありません。
脇の皮膚が黒ずんでしまうのは、もしかしたらムダ毛の自己処理が原因の可能性があります。

ムダ毛の自己処理によって起こる肌の黒ずみ

ムダ毛の処理は今やエチケットという考え方で、多くの人がきちんと処理をしているのですが、脇のムダ毛を自己処理している人の中には、肌が黒ずんできたように感じるという意見が少なくありません。

ムダ毛を自己処理する方法には、もっとも簡単に手軽にできる方法としてカミソリを使って剃るやり方があります。バスタイムを利用して自宅で簡単にできるので、便利で手軽な点が魅力なのですが、確実に肌にはダメージを与えてしまうことになるので、その点には注意が必要です。

脇のムダ毛の処理の仕方

カミソリ

ムダ毛の処理の仕方にはかみそりで剃る以外にも脱毛クリームやワックスを使ったり、家庭用の脱毛器を使う方法などもあります。

そんな処理方法の中でも特にカミソリを使って剃るという方法は、肌の表面を削ることになるので肌がダメージを受けやすく、そのために繰り返して処理していると色素沈着を起こして黒ずみになってしまうというものです。

そして色素沈着以外にも肌表面が傷ついてかさぶたになって毛穴をふさぐことで、毛が肌の表面から生えてくることが出来なくなり、埋もれ毛になってしまうことも肌が黒ずんで見える原因です。

このような状態になってしまうと自己処理はすぐにも中止し、出来れば脱毛エステクリニックなどできちんと脱毛してもらうことが必要です。
自己処理を続けると、肌のダメージはさらに進んでしまう可能性もあります。

肌の黒ずみを自宅で効果的に解消する方法

埋もれ毛になってしまったものを自宅で解消するのは困難ですが、肌荒れによる色素沈着で黒ずんだ状態なら、まずは肌をきちんと保湿してあげるケアをすることで、症状が好転することも考えられます。

そのために効果的なのがパックの活用です。
脇の肌に潤いを与える為に、専用の保湿剤を含ませたコットンなどを使用してパックしてみます。パックすることで一時的に皮膚の表面を多い、肌の奥に潤い成分を届けることができるという仕組みです。

肌が傷ついた状態で何もせずに放置するとかさかさと乾燥し黒ずみを作る原因になります。
脇のムダ毛を処理したあとはそのままにせず、しっかりと保湿してあげることで肌が柔らかくなり、ケアを続けることで黒ずみの解消に繋がります。