ムダ毛処理をする部位ほど黒ずみが発生しやすく、脇はそのリスクが高いと言えます。

汗・皮脂による毛穴のつまりも原因となるため、毎日入浴して汚れを落としていきましょう。
洗浄後は保湿をして皮脂分泌を抑えることが大切です。特にムダ毛処理後は保湿を徹底し、乾燥させないように注意してください。

脇毛処理をする方は保湿を徹底

脱毛意識が高まってきた現在では、女性だけでなく男性も脇毛処理をする時代となりました。
ワキガ対策としても効果的なので、夏場に備えて処理する方も多いでしょう。

脇毛を処理することは体臭対策として効果的ですが、黒ずみの原因になるデメリットもあります。
肌表面の皮脂と水分が除去されてしまうので、非常に乾燥しやすい状態になるからです。乾燥はメラニン色素を発生しやすい状態にするため、脇が黒ずんでくるわけです。

紫外線をほとんど浴びない部位なのに黒ずんでしまうのは、シェービングやワックスによる刺激にあります。
脱毛後は刺激によるダメージを軽減するためにも、保湿を徹底しておきましょう。

入浴で脇をしっかりと洗浄しよう

d69ab6a187a5c_s

入浴するときはボディを洗浄するでしょうが、意外と脇は忘れてしまうという方が多いです。
脇はアポクリン汗腺が存在するので、非常に臭いが発生しやすい部位でもあります。

ベトベトの汗は衣服の黄ばみの原因となりますし、黒ずみ・毛穴のつまりも引き起こします。汗や皮脂によって毛穴が塞がれてしまうと、肌が呼吸しにくくなるので代謝機能も低下してしまうのです。
肌の抵抗力が低下すると、メラニン色素の分泌が盛んになって黒ずみを発生させてしまうわけです。

脇を洗浄する前には、湯船にゆっくりと浸かって汚れをやわらかくしておきましょう。
洗浄剤はモコモコになるまで泡立てて、毛穴内部に泡が届くようにします。

泡立てが足りないと肌表面の汚れしか除去できず、毛穴に汗や皮脂が残ってしまうのです。
つまりを解消するためにも、泡立てネットを使用してモコモコの泡を作ってから洗浄していきましょう。

皮脂分泌をコントロールする化粧水

化粧水で保湿しておくことは、皮脂分泌のコントロールにつながります。

乾燥した肌状態が続くと、肌は過剰に皮脂を分泌するようになります。
乾燥から一気にオイリー肌に傾いてしまうケースも多いため、常に脇下の保湿にこだわりましょう。

入浴後は肌が乾燥しているため、化粧水で十分に保湿してください。
脇のほてりが引いてから化粧水を塗って、乾燥してから衣服を着用しましょう。