夏などの季節になると肌を露出する機会が増えますし、わきの黒ずみが気になっているという人もいらっしゃることでしょう。
わきの下が黒いと女性としての魅力が半減してしまいますし、ノースリーブやキャミソールなどのファッションを楽しめなくなってしまいます。

そこで、さまざまなケア方法を試している人もいるでしょう。しかし、人気の方法を試しても効果が出ないこともありますし、かえってわきが黒くなってしまうこともあります。
まずは原因を知ることが大切であり、それに合わせたケア方法を調べてみましょう。

毎日のケアが大切

わきは黒ずみが起こりやすい部分なのですが、適切なケアを毎日行うことで黒ずみをきちんと改善できるのです。
そこまで大変なケアは必要ありませんが、効果を実感するためには1~2ヵ月程度はケアを続けるようにしましょう。

わきの黒ずみは、メラニン色素の沈着と溜まった角質が主な原因となっています。

皮膚というのはちょっとした刺激でダメージを受けてしまいますし、肌を守るためにメラニン色素が分泌されてしまいます。
メラニン色素は肌を守るために必要なものなのですが、過剰に生成されてしまうと肌が黒ずんでしまうことになります。

わきの皮膚は傷つきやすい

220831

黒ずみを改善するために、スクラブ入り洗顔料や重曹などでケアしている人もいるでしょう。
しかし、皮膚が傷つくことで炎症を起こしてしまうこともあるので注意が必要です。

レーザー脱毛は黒ずみの改善に効果的とされていますが、レーザーはメラニンに反応するという仕組みであり、黒ずみの酷い人がレーザー脱毛を受けると逆に目立ってしまうこともあります。

エステサロンでは日焼けしている場合は施術を行っていないですし、日焼けが落ち着いてからエステサロンに通うようにしましょう。

わきの黒ずみに効果的なジェル

最近では「わきの黒ずみ用のジェル」というものが注目を集めています。
ジェルを使う場合は、できるだけ毛穴が開いているときに使うことがポイントであり、入浴後などのタイミングでケアをするのがおすすめです。

ちなみに入浴後は、毛穴が開いており肌が敏感な状態なので、清潔な手でジェルを塗るようにしましょう。
人気のジェルを使ってもすぐに効果が出るわけではありませんが、ある程度継続して使ってみることが大切です。

継続することで少しずつ黒ずみが気にならなくなりますし、臭いも軽減されるということです。
また、商品によってはわき以外にも使えるので便利です。