普段見えにくいところですが、実はわきの黒ずみに悩んでいる人は少なくありません。
これからの季節、半袖やノースリーブなどを着用する機会が増えますが、そのためにも早め早めにケアをしたいところですね。
わきの黒ずみの原因や対策にはどんなものがあるのでしょうか?

わきの黒ずみの原因

わきが黒ずんでしまうのは2つの原因があります。
1つは普段のわきのムダ毛処理をした際、その刺激によるメラニン色素が引き起こす黒ずみです。

わきの皮膚は薄く、刺激に対して敏感です。
カミソリで毛を剃ったり、毛抜きでの脱毛による刺激は肌に大きな負担がかかります。

その刺激から肌を守ろうとメラニン色素が出てしまうのです。
そしてもう1つは、古い皮脂の汚れなどが毛穴に詰まることによって肌が黒ずんで見えてしまいます。

わきは汗腺が多く集中しており、汗をかきやすい部位です。
カミソリや毛抜きなどの自己処理により毛穴が広がったり傷ついたところに汚れが溜まりやすくなり
黒くみえてしまうのです。

処理した後はしっかりケアを

27-1

自己処理をした後はどうしても肌の表面に負担がかかりやすい状態になってしまいます。
その際に化粧水や乳液、クリームなどでケアをしてあげると良いでしょう。

できるだけ刺激を与えず、さらに負担を軽くするケアをすることで
黒ずみを作りにくくする環境を整えましょう。
既に黒くなってしまった部位を隠そうとファンデーションなどを上から塗ってしまうのは逆効果です。
より毛穴の汚れやつまりの原因になることがあるため、控えた方が無難です。

一度黒くなってしまうと、元に戻すまで時間がかかってしまいます。
肌にはターンオーバーと呼ばれる生まれ変わりのサイクルがあります。
適切なターンオーバーを促すことにより、古い角質や汚れをが蓄積されにくくなり、黒ずんだ部位は改善に向かいます。

しっかりと日々のケアをしながら、時折ピーリングなどで古い角質ケアをすることなどで、
少しずつ改善させましょう。

思い切ってエステなどを利用するのも1つの方法です

自己処理による負担が続くと、なかなか根本的に黒ずみの解消は難しい場合があります。

そんなときは思い切ってエステやクリニックでの脱毛施術を受けることも1つの方法です。
自己処理以外での脱毛施術は肌の表面を傷つけることなく、つるつるに仕上げることが可能になります。
思い切って自己処理をやめることも1つの方法です。

いかがでしたか?
黒ずんだわきのケアにはそれなりの時間が必要になります。
できるだけ早めにできることから取り組んでいきましょう。