「わきの黒ずみが気になって、ノースリーブが着られない」、「わきが黒ずんでいるから、水着になるのがイヤ」なんていうお悩みに、心当たりはありませんか?
黒ずんだわきが原因で、着たい服や行きたい場所を諦めるのはイヤなものです。

一体どうやって対策すればいいのでしょう?
実は、わきの黒ずみの原因にはいくつかのタイプがあり、そのタイプによって効果のある石鹸のタイプも異なってきます。順番に見ていきましょう。

わきの毛穴の汚れによる黒ずみ

わきの下は発汗が盛んで湿度が高いため、雑菌が発生しやすい部位です。洗浄と殺菌が十分でないと、皮脂等の汚れが毛穴に詰まってしまい、黒ずんで見えてしまいます。
また、わきの汗を気にしてスプレー等の制汗剤を使ってばかりいると、それがまた毛穴の詰まりを引き起こす原因にもなります。

こうした毛穴の汚れによる脇の黒ずみには、皮脂汚れの詰まりを取り除けるよう、皮脂に対する洗浄力が高いものや、雑菌の発生を抑制できるように殺菌力のある石鹸を選ぶと効果的です。
また、汗に対する消臭効果の高い石鹸を選ぶと、制汗剤の使い過ぎを防ぐこともできます。

埋没毛(皮膚に埋まった体毛)によるわきの黒ずみ

089984

わきの毛穴が膨れて、ブツブツして黒くなっている状態がこのタイプです。
毛抜きや脱毛器でわき毛を処理したことによって、毛穴の周辺の角質まで毛と一緒にはぎ取って肌を傷つけてしまい、肌表面にかさぶたがはったりして体毛が皮膚の中に埋まってしまうことが主な原因です。

毛穴の中に黒い毛が埋まったままなので、毛穴が黒くなっていて、わき全体が黒ずんで見えます。
このタイプは、肌の内部に埋まった毛を外に押し出すことが必要ですから、肌表面の古い角質層を取って、内部の新しい肌細胞が表面まで上がってくるようにすることが大切です。

つまり、この埋没毛によるわきの黒ずみには、角質除去効果やピーリング効果のある石鹸が効果的です。
スクラブが入ったものや、果物の酵素でピーリング効果があるものなどを選びましょう。

乾燥と摩擦による黒ずみ

カミソリによるムダ毛処理や、ブラのワイヤー部分等の下着や衣服の摩擦により肌が刺激を受けると、肌を守るためにメラニンが生成されます。
また摩擦によって肌が乾燥するため、乾燥から肌を保護する目的でやはりメラニンが生成されます。

こうして過剰に生成されたメラニンが色素沈着してしまい、わきを黒ずませるのです。

このタイプには、メラニンによる色素沈着を薄くする美白成分を含んだ石鹸や、摩擦による乾燥をケアできるよう保湿力の高い成分を含んだ石鹸が効果的です。

ご自分の黒ずみのタイプを見極めて、ぴったりな製品を選んでくださいね。