ワキは比較的目立ちやすい部位なので、薄着の季節になるとムダ毛処理の回数が増えてくる女性は多いでしょう。

ワキは範囲が狭いので簡単に自己処理しやすい部位ですが、毎日のようにシェービングしたり毛抜きで処理していると、肌トラブルや色素沈着が発生しやすくなるので注意が必要です。

やっかいな肌トラブルを防ぐためにも、適切なムダ毛処理方法を選択してお肌を大切に守っていきましょう。

肌に負担のかかりやすい自己処理

自己処理は、費用が安くて気が向いたときに自分で行える点がメリットです。

範囲の狭いワキのムダ毛は、カミソリや電気シェーバー等を使って処理している方はまだまだ多いです。
シェービングは最も簡単なムダ毛処理方法といえますが、濃くて太いムダ毛が多く生えている場合は、処理後に赤みやかゆみのような肌トラブルが発生しやすくなります。

また、少しでもツルツルな状態を維持するために、毛抜きを使ってムダ毛を引き抜いて処理している方もいます。
シェービングに比べてツルスベな状態をある程度維持することはできますが、ムダ毛の再生組織は影響を受けないため、結局元通りに生えてきてしまいます。

毛抜きによる処理は埋没毛や色素沈着の原因となりやすいので、できるだけ控えた方が良いでしょう。

家庭用脱毛器を使ったセルフ脱毛

18a06f3b41a_s

お肌に負担のかかりやすい自己処理を延々と繰り返すよりも、家庭用脱毛器を購入して脱毛した方が肌への負担は軽くなるでしょう。
現在はサーミコン式やフラッシュ式等様々な家庭用脱毛器が販売されているので、自分のお肌に合いそうな脱毛器を購入して試してみることをおすすめします。

家庭用脱毛器を使ってセルフ脱毛する場合は、黒ずみの目立つ部分は避けた方が良いでしょう。
特に、フラッシュ脱毛器やレーザー脱毛器はメラニン色素に反応する性質があるので、黒ずみに照射するとお肌を傷める可能性があります。

黒ずみに近い部分に照射するときは、出力レベルを下げて様子を観ながら脱毛すると良いでしょう。

家庭用脱毛器の弱点とサロンの光脱毛のメリット

家庭用脱毛器は自分で気軽に脱毛に挑戦できる点は魅力ですが、出力が低いのが弱点といえます。
ワキのような濃くて太いムダ毛が生えやすい部位を、家庭用脱毛器のみでしっかりとツルスベにするのはとても難しいでしょう。

自己処理で黒ずみが目立つようになったワキのムダ毛の悩みを解消したい場合は、サロンで光脱毛施術を受けるのが最もおすすめです。
家庭用脱毛器に比べて出力が高いので、効率よくツルツルにしていくことが可能です。

光脱毛ならシミや黒ずみの改善効果も期待できるので、黒ずみの目立たない美しくてツルスベなワキにしたい方には特におすすめの施術です。