産後は、体の様々な変化が現れる時期です。
その中でも多くの女性を悩ませてしまっているのが、産後のワキの黒ずみです。

産後のワキの黒ずみの原因と対策法を知り実践することで、妊娠前のような美しい肌を取り戻すことも夢ではありません。

ワキが黒ずんでしまう原因

妊娠すると、女性の体はホルモンバランスが変化します。
するとメラニン色素が増加してしまい、皮膚の代謝が落ち産後のワキが黒ずんでしまうのです。

メラニン色素は紫外線から肌を守ってくれる役割もありますが、メラニン色素が増えすぎてしまうとシミやそばかすの原因となってしまうため注意しなければいけません。

ワキが黒くなってしまうだけでなく乳首や乳輪なども黒ずんでしまうので、産後のワキだけでなく体全体の黒ずみ対策を行いたいものです。

いつ薄くなるのか

7dd13c894eb7_s

産後のワキの黒ずみが目立ってしまうと、大きな悩みになってしまうだけでなく、コンプレックスになってしまう女性もいます。

産後は徐々に黒ずみが薄くなってくると言われていますが、ホルモンバランスが整うのは産後約半年ほど経ってからです。
個人差はありますが、産後半年ほどで改善されることもあります。

しかし産後半年を経過しても黒ずみが改善されない場合は、正しいケアを行うことが大切です。
エステサロンや美容クリニックに足を運ばなくても、自宅で手軽にケアできる方法もあるので試してみるといいでしょう。

現在、様々な方法で対策することができますが、おすすめはクリームです。
ただ塗るだけのシンプルな対策法なので、育児が忙しい女性も実践できます。

早く改善する方法

産後のワキの黒ずみをできるだけ早く改善するのであれば、皮膚を刺激しないことが大切です。

ワキの皮膚は大変デリケートな部分ですので、刺激を受けやすく黒くなりやすいのが悩みです。
ワキを洗う際には、しっかりとボディソープを泡立てて優しく洗うことが大切です。その際に使用するボディタオルも、肌に優しいものを使用するとベストです。

そして産後の無駄毛処理は、肌の負担が少ない電気シェーバーを使用することをおすすめします。

また、黒ずみを短期間で改善するためには、オイルやクリームで保湿することが欠かせません。
コラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸などが含まれたオイルやクリームを使用してワキをしっかりと保湿することで美しい肌を取り戻す効果を期待できます。

産後は、赤ちゃんの肌に触れても安心安全な低刺激のものを使用することをおすすめします。