ムダ毛のないすべすべしたきれいな肌は女性なら誰もが憧れます。でも、間違ったムダ毛の処理によって肌はダメージを受けてしまう可能性があります。

ムダ毛の処理の方法あれこれ

ムダ毛の処理は今やエチケットで、特に薄着の季節になったときに目立つのが脇や手足のムダ毛です。
脇のムダ毛が濃いことに悩んでいる人は多く、手軽にムダ毛を処理するために自宅で自己処理をしているという人もいます。

自己処理でもっともオーソドックスなのがカミソリや毛抜きで処理する方法です。
そのほかにも除毛クリームを使ったり、家庭用の脱毛器を使ったりする方法があります。

脇の黒ずみの原因

0406

ムダ毛の処理のために脱毛サロンやクリニックなどに通うことを考えれば時間もお金も節約できるのが自己処理のよさなのですが、やり方によっては肌にダメージを与えてしまう可能性があります。

特にカミソリを使って剃る方法を続けているとだんだん脇黒ずみが目立つようになってくることがあります。これはムダ毛をかみそりで剃ることによって肌の表面が傷つけられて色素沈着を起こすことで起こるものです。

そしてかみそりで剃ることで肌表面が傷つきその部分がかさぶたになって毛穴をふさぎ、毛が肌の表面に出てくることができなくなる、いわゆる埋もれ毛の状態になることもあります。埋もれ毛になってしまうと、毛を外に出そうと針でほじるようなことをすると、その部分が化膿してしまう可能性もありとても危険です。

自己処理は便利で自分の都合でいつでもできる手軽さが魅力ですが、このように肌には深いダメージを与えることがあるので注意が必要です。

気になる脇黒ずみはレーザー治療で解消

脇黒ずみになってしまったら、カミソリで剃る方法は一刻も早くやめるべきです。
肌にそれ以上ダメージを与えないためにも、サロンやクリニックなどでプロに脱毛してもらうことが必要です。

レーザーを使った治療はメラニン色素の部分に反応することで毛根部分を破壊して毛が再生されないようにするという方法です。

いくら肌の表面に出てくるムダ毛を一生懸命に処理しても、毛根部分が残っている限りまたムダ毛が生えてきてしまうのですが、レーザーを照射して毛根を破壊することで、その部分からは毛が生えてこなくすることができるため、毛周期に合わせて定期的に治療を受けることで確実にムダ毛の量が減ってゆくという仕組みです。

脇の黒ずみを起こしている状態の時には、まずはプロに相談してみることがおすすめです。