手荒な自己脱毛が原因で、わきの黒ずみが起こることもあります。

わきはどのパーツよりも女子たちがムダ毛を気にしている部位であり、ムダ毛を処理しないわけにはいきません。
でも手荒な処理が頻繁だと、皮膚はその負担に悲鳴をあげて、皮膚の色には色素沈着が見られるようになるのです。

手軽なカミソリ処理を頻繁に繰り返さない

とても簡単なムダ毛処理の代表は、すぐにできるカミソリで毛を剃る方法です。
簡単が故に、頻繁にシェービングをするものですから、皮膚にはカミソリの刃でたくさんの傷が付きます。

手軽なカミソリ処理は、短期的には便利な処理にはなっても、長期的には大きなしっぺ返しになります。

皮膚には肉眼では気がつかないくらい、細かい傷が無数につきます。
カミソリで剃ったあとに皮膚がヒリヒリとしているのは、まさに皮膚へのダメージが加わっているからです。

乾いた皮膚へのダメージは大きい

069868

自己処理の決定版はカミソリ処理ですが、乾いたままの皮膚にカミソリを当てて何度も自己脱毛をしていると、皮膚には色素沈着が発生します。

特に乾いたままの皮膚に、ムダ毛が気になるからといってカミソリを当てると、皮膚は乾いたままなので表皮の角質はさらに剥がれやすくなります。
ムダ毛も処理はできて一時的にカットはされますが、乾燥をしている表皮の状態も、一緒に剥がれていきます。

傷もたくさんついてしまいますので、乾燥をしたままの皮膚にカミソリの刃を当てる行為は、まさに慢性的炎症を加速させて、皮膚への黒ずみをエンドレスなものと変えてしまいます。

カミソリのシェービングをするならば、専用のシェービングフォームやクリームを使い、できるだけ自己脱毛で皮膚への負担をかけないことです。

皮膚への潤いケアは決して欠かさないこと

自己脱毛で気を付け慣れればならないのは、皮膚に対しての水分補給という「潤いのお手入れ」を欠かせないことになります。
皮膚が傷ついているのですから回復させる必要がありますし、そのためには新陳代謝をよくしないといけません。

黒ずみがいつまでも残るのは、手荒な自己処理もいけませんが、それと同時に皮膚を乾かしたままでケアしないことも問題です。

乾いた皮膚はサイクルを順調に繰り返すことができないために、余計に皮膚の黒ずみを増すばかりとなります。
だからカミソリ処理やセルフ脱毛を施したときには忘れないで、肌に対して水分や油分という、潤いを隈なく与えるケアを繰り返しましょう。