ワキの黒ずみは、ワキを不潔な状態にすることで発生することもあるため、衛生的な手入れが大切となります。

メラニン色素が過剰に生成されることでワキが黒ずんでしまうということですが、メラニン色素というのはもともと肌を守るために作られるものです。
紫外線や刺激から肌を守るためにものであり、肌の角質を厚くする働きがあります。刺激された部分を強くするための物質なのですが、その部分を黒くする効果もあるのです。

メラニン色素が増える理由

なぜメラニン色素が増えてしまうのかということですが、ワキのムダ毛をカミソリや毛抜きで処理することが主な原因となっています。
カミソリや毛抜きによるムダ毛処理は肌への刺激が大きいですし、刺激から肌を守るためにメラニン色素が増えてしまうということです。

また、肌が乾燥すると外からの刺激を感じやすくなりますし、さらにメラニン色素が増えてしまいます。
さらに、ワキの下はとてもデリケートな部分ですし、腕を動かしたり衣服が擦れるだけでも傷ついてしまうということです。

古い皮脂や角質

593495

メラニン色素だけでなく、古い皮脂や角質がワキに溜まってしまい黒ずんでしまうこともあります。

肌というのはターンオーバーを繰り返すことにより、綺麗な状態を保つことができます。
ターンオーバーが円滑に進まないと、汚い皮膚がワキに留まってしまうため、衛生的なワキをキープするように心がけましょう。

ちなみに肌のターンオーバーは、生活習慣によって乱れてしまうことが多いです。不規則な生活をするのは良くないですし、普段の生活習慣を見直してみると良いでしょう。
ちょっとしたことに気を付けることで、ワキの黒ずみを少なくすることができるのです。

黒ずみをファンデーションで覆って隠すという方法もありますが、ファンデーションを使うと余計な皮脂が詰まってしまいますし、肌のターンオーバーを妨げてしまうことがあるので注意しましょう。

ケアは地道に少しずつ

黒ずみを解消して衛生的なワキを手に入れたいという場合、長くケアを続ける必要があります。
簡単に改善することはできませんし、時間がかかってしまうということです。

ワキの黒ずみを解消するためには保湿ケアがポイントであり、アイテムによって効果の出方も変わってくるため、最適な保湿ケアアイテムを選ぶようにしましょう。
最近では、ワキの黒ずみ専用の美容液やクリームなども販売されているため、効率よく黒ずみを改善することができるのです。

最も良いのは自身の肌に合ったアイテムを使用するということであり、なかなか良いものが見つからない場合は美容皮膚科やクリニックで相談しても良いでしょう。