鼻は顔の中心にあるため、どうしても目が行きやすいところ。高い・小さい・大きい・低いだけでなく黒ずみも目にとまりますよね。ケアしてもきりがないので、半ば諦めかけている方もいるのではないでしょうか?

しかし、その黒ずみ、正しいスキンケアで改善することができるんです。

どうして鼻に黒ずみができるの?

主な原因は、落としきれていないメイク・空気中のホコリ・古い角質などです。
それら皮脂や老廃物と混ざりあい、毛穴に詰まることとで角栓となって、角栓が酸化することで黒ずみへと進化してしまうのです。

加えて、間違った方法でのケアのし過ぎや紫外線によるダメージなどによえい、メラニンが蓄積され、黒ずみになってしまうこともあります。

正しいスキンケアとは?

クレンジング

まず、ポイントとしては、肌と毛穴を柔らかくすることです。毛穴の詰まりが原因のわけですから、毛穴を柔らかくすることで、余分な皮脂やメイクなどによる汚れをしっかり落とすことができます。そうすることで、保湿効果も高める事ができ、いつも肌を柔らかく保つ事ができるので結果として毛穴が詰まりにくくなります。

毛穴を柔らかくする方法としては、クレンジングや洗顔をする前に、蒸しタオルをあてたり暖かいスチームを顔に当てることで、毛穴が柔らかくなるとともに毛穴も開くので、汚れをしっかり落とすことができます。

また、代謝を高める事も効果的です。代謝が高まると、体内の老廃物を毛穴から排出するよう促すようになるので、皮脂バランスが整うのです。代謝を高める方法としては、湯船にゆっくり浸かる・適度な運動・ストレッチなどが効果的です。

加えて、ターンオーバーの乱れが原因ともなるので、普段のクレンジング・洗顔に加えて定期的にお肌のピーリングを行うことで、ターンオーバーの遅れを回復してあげましょう。しかし、その場合も保湿を忘れずに。

最終的な強い味方「鼻パック」

毛穴パックは、手軽に使え、すぐその効果が実感できるところが魅力。

剥がしたパックにびっしりとくっついている角栓を見ると、気持ちまでスッキリして病みつきになってしまいますね。しかし、毛穴パックは角栓だけでなく、潤いを保つために必要な皮脂や角質まで一緒に剥がしてしまうので注意して使用する必要があります。

貼るタイプの鼻パックは「時々使うスペシャルケアアイテム」と位置付けておきましょう。使用頻度は1か月に1回程度。そして、角栓が取れた後の毛穴を開きっぱなしにしておくと、細菌が入り込んでしまうので収れん化粧水などでアフターケアをしっかりしましょう。