出典:http://www.otsuka.co.jp/ohn/

ドラッグストアなどで簡単に手に入る皮膚治療薬のオロナインを使ったことはありますか。
家にあると言う人も多いでしょう。
やけどなどパッケージに書いてあるようなことにしか使っていない人も多いのではないでしょうか。

もっといろいろな使い方をしてみませんか。
意外な効果を発揮してくれるので、皮膚治療薬だけではなく、もっと活用してみましょう。

鼻パックをしなくても劇的な効果が

よくオロナイン鼻パックをすると、いちご鼻が綺麗になれると言われています。
この鼻パックを行う場合は、毛穴パックシートも用意しないといけません。

しかし、よく毛穴パックをすると毛穴が開くのであまり良くないと聞きませんか。
実は、毛穴シートを使わなくても劇的な効果があります。

洗顔だけでも十分、いちご鼻が綺麗になります。
長年、小鼻の黒ずみで悩まされているのならば、一度は試して見るのもいいでしょう。

小鼻の黒ずみには洗顔の仕方が大事

鼻パック

鼻を重点的に洗っているつもりなのに、なかなか小鼻の黒ずみが落ちないと思っていませんか。
間違ったやり方かもしれません。
実は、洗いすぎも肌にはよくありません。

肌に必要な皮脂も一緒に落としているかもしれませんし、肌のターンオーバーが乱れてしまっているかもしれません。
小鼻の黒ずみは、主に角栓が酸化したものです。
メラニンや産毛が原因の場合もありますが、今回のオロナイン洗顔で効果を発揮するのは角栓が酸化した場合です。

実際に、鼻を触ってみてください。ざらざらしていませんか。これは、角栓が毛穴に詰まっている可能性がとても高いです。
鼻がざらざらしているなら、早速始めてみましょう。

どんな方法で小鼻の黒ずみが落ちるのか

まずは、洗顔してください。
ぬるま湯で洗って、しっかりとすすぎましょう。
そして、柔らかいタオルなどで顔についた水気を取ってください。

その後に、オロナインを鼻に塗ります。少し多めに塗ったほうがいいでしょう。
毛穴に詰まった角栓は皮脂や汚れなどの塊です。油には油を使ったほうがよく落ちます。
この状態で10~15分ほど放置しておいてください。

それから、もう一度洗顔してオロナインを落としましょう。
そうすると、小鼻の黒ずみが落ちているはずです。

毛穴パックを使って角栓を取り除く人もたくさんいますが、できれば、こちらの方法のほうがいいでしょう。
毛穴を開かせないようにしてください。
また、黒ずみがなくなった後には保湿をたっぷりしてこれ以上、黒ずみが増えないように気をつけましょう。