オロナインは昔からある常備薬の定番で、今でも市販薬がドラッグストアなどに置いてあります。
ここでは、オロナインでいちご鼻が解消できるのか、その解消法と効果について説明します。

いちご鼻の原因は?

いちご鼻は、毛穴の黒ずみが原因です。オイリー肌とインナードライタイプの人に多い症状と言われています。

毛穴から出る皮脂と肌の汚れや古い角質が混ざり合って、これらがドロドロになって毛穴に詰まり起こります。毛穴に詰まった汚れは角栓になって毛穴のなかで酸化して、黒くなっていちご鼻になってしまいます。
見た目には黒いブツブツができているように見えて、いちごの表面のように見えてしまうことからその名がついています。

オロナインを使った解消法

7--26

オロナインの効能は、にきび、吹き出物、火傷、水虫、白癬などなどで、外相から細菌による感染症まで幅広い万能薬です。
ここでは、毛穴パックと組み合わせるオロナインの使い方を紹介します。

まず綺麗に洗顔してから、鼻に直接オロナインを塗ります。黒ずみが気になるところにたっぷりめにすり込みます。真っ白になるくらい塗ってOKです。この後10分くらい放置するか、お風呂に入って毛穴を開かせます

時間がないのであれば、蒸しタオルで1分間くらい温めてあげると毛穴を素早く開かせることができます。蒸しタオルは硬く絞ったタオルをレンジで1分間くらい温めればつく荒れます。

次にお湯で鼻を洗顔して、濡れた状態のまま毛穴パックをつけます。
最後に毛穴パックをとって完了です。アフターケアでは保湿をしっかり行うようにします。
蒸しタオルだけでもできますし、パックだけでもできます。オロナインをつけた後は必ず洗顔して、余計な汚れをつけてしまわないように注意しましょう。お湯だけの洗顔だけだととりにくいので、固形石鹸をよく泡立てて洗い流すと良いです。

なぜ効果が期待できるのか?

オロナインは油のように脂分と混ざって溶かすので、毛穴のなかで皮脂や肌汚れ、古い角質と混ざり合ってできた黒ずみを除去することができます。
つまり、脂をとるには油を使えば良いという理屈です。石鹸も油で作られていますが、あれも皮脂を油の力を使って落としているようなものです。

油の力で毛穴に詰まった脂を掻き出して除去するというので、この方法のポイントです。
また、にきびや感染症に対しての効能から、毛穴を清潔に保つ効果が期待できるということでいちご鼻の解消に役立つ可能性があります。