小鼻の周囲は汗や皮脂の分泌が多く、目立ってしまうのが特徴です。ただ目立つだけではなく、黒ずみが発生するのも困った部分です。

広がった毛穴の部分に埃や角質、メイクなどの汚れが詰まった後に、酸化が原因で黒ずんでしまうことにより症状が発生します。
解消方法として洗顔がよく取り上げられますが、ルールを守れば実際に効果があります。正しい洗顔方法を覚えましょう。

おすすめの洗顔法

洗顔料は汚れが落ちるものなら何でも構いません。しかし、肌が乾燥すると小鼻の毛穴が広がって、余計に汚れが詰まって黒ずみが目立ってしまいます。
洗浄力のマイルドな商品を使うのがおすすめです。

両方の手に取り、よく泡立てて泡を転がすように洗っていきます。
小鼻を含むTゾーンは皮脂汚れが多いため、特に念入りに洗いましょう。絶対に肌を擦らないようにしてください。乾燥したり、肌荒れの原因になるからです。

ぬるめのお湯で洗顔料が残らないように、きちんとすすぎます。
最後に水分を拭きとりますが、このときにも擦らず、押し当てるようにして水分をタオルに吸着させるのがコツです。

プラスアルファで効率よく洗顔

8028d9665683d2_s

洗顔だけでは不十分な場合もあります。毛穴を開かせる手段を利用すると、洗顔で効率よく黒ずみを解消できます。

洗顔やメイク落としの前に蒸しタオルをあててあげると、肌が軟らかくなって毛穴が開いてきます。
蒸しタオルは、タオルと電子レンジがあれば誰でも簡単に作れます。

水でタオルを濡らしたら弱めに絞って電子レンジに入れ、500Wで40秒くらい加熱します。
やけどしないように温度を確認してから、顔に乗せて温めてあげましょう。十分に温まったら、基本的な洗顔方法を行うだけです。

洗顔後は皮脂が取り除かれた状態で、とても乾燥しやすくなっています。乾燥すると角質が硬くなり、毛穴が引き締まってくれません。
洗顔後すぐに化粧水や美容液などを用いて、保湿を欠かさないようにしてください。

美容皮膚科に頼るという手段

洗顔や蒸しタオルによるケア方法でも改善してくれますが、改善まで時間がかかったり、毛穴トラブルが重い人だと、小鼻の黒ずみ解消がホームケアでは間に合わない場合があります。

そんなときには、美容皮膚科の施術に頼れば、ホームケアよりもずっと素早く綺麗に黒ずみ解消ができます。

ケミカルピーリングや特殊なレーザーを用いた施術で、毛穴トラブルを強力に解消してくれます。費用はかかりますが、最も優れた解消法です。