鏡を見ると、小鼻に黒ずみが目立って困っていませんか?原因を知り、正しい解消法を実践して綺麗な鼻を手に入れましょう。

鼻に黒いぽつぽつがあると、それをメイクで隠し続けなくてはいけません。毛穴にファンデーションが入り込んでしまうと毛穴汚れがよりひどくなります。
そうならないように気を付けましょう。

やはり原因は毛穴の汚れだった

毛穴に汚れや皮脂が詰まってしまうと、これらが酸化して黒くなります。
また、ケアのし過ぎや紫外線のダメージによってメラニンが蓄積されることもあります。

これらが小鼻の黒ずみの主な原因として考えられます。

鼻を触ったときにざらつきを感じる人は、毛穴の汚れや皮脂が詰まっている可能性が高いです。
特にざらざらしていない場合はメラニンが蓄積されているでしょう。

正しい洗顔で撃退しよう

100303

毛穴に汚れや皮脂が詰まっている場合の黒ずみ解消法は「洗顔」です。
洗浄力の高い洗顔料を使えば良いというわけでもありません。余計なものが入っていない洗顔せっけんをお勧めします。

洗顔料を使うときはたっぷり泡立ててください。泡立ちにくい場合は、泡立てネットを使うとしっかりとした泡をたっぷり作れます。
泡の力を使って汚れを落としましょう。なるべく肌に手が直接触れないように優しく円を描くように洗ってください。

洗顔が終わったら、すぐに保湿してください。
洗顔によって毛穴の汚れが落ちても毛穴が開いたままでは汚れが入りやすいですし、乾燥を防ごうと思って皮脂が多く分泌されてしまうからです。

保湿成分が入った洗顔料を使ったり、洗顔後はすぐに保湿できるように化粧水や乳液などを用意しておくのも良いです。
保湿をすることで、毛穴を引き締めることができます。毛穴に汚れが入りにくくなり、余分な皮脂が出なくて済むので新しい黒ずみを作りにくくなります。

紫外線対策も重要

黒ずみ解消法というと、洗顔ばかりに目が行きがちですが、メラニンが蓄積している場合は美白化粧品を使ったり、紫外線対策をしたほうが良いです。

ビタミンC誘導体やプラセンタなどが入っている美白化粧品を使って、外出するときは必ず日焼け止めを使ってください。
新しくメラニンを蓄積させないようにする為です。

ビタミンCがたっぷり入った食べ物を食べるようにして、肌のターンオーバーを改善するのも良いでしょう。
どうしても黒ずみが解消されない場合は、皮膚科で治療することもできます。ピーリングやレーザーを使った治療が主流です。