鼻がザラザラで黒ずんでいる状態のことを世間一般では「いちご鼻」と呼ばれています。女性でお悩みの方も多いのではないでしょうか。このいちご鼻になってしまう原因ですが、いくつかの原因が挙げられます。

角栓の詰まりは毛穴の黒ずみや開きにもつながります

主に大きな原因として挙げられるのが、角栓の詰まりです。
この角栓の詰まりは、皮脂と古い角質が混ざってできるもので毛穴の黒ずみや開きにもつながります。

この毛穴の黒ずみをなくそうと頑張って洗顔に力を入れる人も少なくないでしょう。
しかし、間違った洗顔方法をしてしまうと、逆に角栓が詰まっていちご鼻の原因にもなってしまうんです!
ではどんな洗顔が間違った方法なのでしょうか。

間違った洗顔方法

7--17

よくしてしまいがちの間違った洗顔方法ですが、ごしごしこすってしまう、洗浄力や効き目が強力な石鹸で洗っている、毛穴を引き締めようと冷たい水で洗っているなどがあげられます。

毛穴の黒ずみを取りたいと思ってごしごしこすってしまう方は意外と多いのですが、毛穴の汚れは肌が動くほどこすっても取れませんのですぐやめましょう!スズメをなでるように優しく、そして指でくるくる回すように洗うのがポイントです。

さらに毛穴の汚れやあぶらを落としたいからと洗浄力の強い石鹸を使うと、逆に肌を傷つけてしまい、黒ずみだけでなくたるみの原因にもつながります。できるだけ肌にやさしいものや泡が細かい石鹸を選びましょう。肌にやさしくても泡が大きいものは毛穴まで届きませんので、できるだけミクロ泡が作れる石鹸がおすすめです。

引き締めたいからと冷たい水で洗うのは厳禁

そして毛穴を引き締めようと冷たい水で洗ってしまうことも要注意です。これは意外に思う人もいるかもしれません。

ここでポイントなのは毛穴を引き締めるのは角栓など汚れをしっかり取ってからです。すすぎの段階ではまだ毛穴の汚れが落ちきっていませんので、すすぎで冷たい水を使うと意味がありません。すすぎも温水を使い、その後化粧水などで引き締めを行いましょう。

さらにすすぎの時にポイントとなるのが、しっかりとすすぐことです。目安となるのは石鹸で顔を洗った2倍から3倍の時間を使ってすすぐこと。それくらいの時間をかけないと菱汚れはもちろん、石鹸も残ってしまうのでいちご鼻の解消にはつながりません。

いちご鼻解消に近道というのは存在しません。毎日、最低でも一か月は継続しないと効果は見えてきません。しかし、愛情込めて毎日しっかりと正しい洗顔を行うことで着実にお肌はつるつるになってきます。