開いた毛穴につまった皮脂が酸化して黒くなってしまった結果が、いちご鼻です。

名前は可愛いく、見た目もたしかに言いえて妙ですが、本物のいちごのようにかわいいものではありませんし、美味しくもありません。
毛穴の悩みトップだと言っても過言ではないのです。
多くの人が悩むいちご鼻には改善方法はあるのでしょうか。

いちご鼻ができてしまうプロセス

まず、いちご鼻ができてしまうプロセスから考えていきましょう。
結果には必ず原因が伴うのです。
今回は結果としていちご鼻が出来上がっているのですから、その原因と過程を考えることで改善を図ろうという算段です。
ではまず、ひとつひとつさかのぼってみましょう。

皮脂の酸化

7--3

まず、黒くなる原因、皮脂の酸化です。
これは皮脂が毛穴に詰まったまま放置されることや化粧が残ってしまうことから生じます。
ですからきちんとしたメイク落とし、洗顔をこころがけましょう。
この際にポイントになるのはゴシゴシと洗う事ではなく、丁寧に洗う事です。

皮脂がぽろぽろとれるような強力な物を使いたくなってしまうかもしれませんが、それだけは絶対にやってはいけません。
これはご存知の方も多いかもしれませんが、身体は皮脂がなくなったと勘違いしてまた大量に皮脂を分泌します。
絶対にやらないでください。
ピーリング剤も使いたいのであれば月に1度だけやさしく、そしてカスが出なくなるまでやるという事はしないでください。

洗顔のポイントは洗浄力よりも保湿力

そして洗顔のポイントは洗浄力よりも保湿力です。
過度に皮脂をとらないけれども丁寧に泡を立てて洗うので時間がかかりますしお風呂で顔を洗う場合、化粧水などを付けるまで少し時間がかかります。
ですから保湿メインで考えましょう。

そして黒ずみをそもそも作らないためには、皮脂の詰まりを改善することです。
皮脂がつまらないためには、毛穴がキュッと引き締まっていなければなりません。
そのために日ごろからたんぱく質やコラーゲンの摂取を心がけましょう。
ですが、その効果が出てくるまでには時間がかかるのでそれまでには収れん化粧水を使用するのもひとつの手です。

化粧水、乳液、美容液などすべての工程が終わったあとに収れん化粧水を使用することで毛穴がキュッとひきしまります。
間違っても一番最初に使わないように気をつけてください。
毛穴が閉まってしまうので、水分も新しい油分も入らず、結局乾燥するので皮脂の分泌を促してしまうのです。
以上がいちご鼻改善対策ですが、ここまでやっているのに枕が汚いと意味がないので枕カバーもこまめに交換して清潔なものにしてください。