かなり多くの女性がいちご鼻で悩んでいます。人と比べてしまうこともあるのではないでしょうか。みんなの鼻はとても綺麗なのに、どうして私だけが黒いぽつぽつができているのだろうと思っていませんか。もしかしたら、自分で原因を作っているかもしれません。正しい対処法まで知って、毛穴の目立たない美しい鼻を手に入れましょう。

そもそもどういう状態のことを言うのか

一般的にいちご鼻とは言われていますが、明確な定義があるわけではありません。
どのような状態に対して使われるのでしょうか。小鼻に黒ずみがあると、いちごみたいにぽつぽつと黒ずみがあるのでそう呼んでいることが多いです。触ってみて、ざらついていませんか。凹凸があるので、まさしくいちごのような状態になっています。

何が原因で黒いぽつぽつができてしまうのか

7--4

個人差があるとは言え、黒いぽつぽつが鼻にできてしまうと、とても目立ってしまいます。いちご鼻の原因は、角栓です。鼻は皮脂の分泌が多い場所なので、皮脂が毛穴に詰まりやすいですし、メイクをするとファンデーションなどが毛穴に詰まりやすいです。これらの汚れが毛穴に詰まってしまうと角栓ができます。

ここまでで終われば、黒くはなりません。白っぽいぽつぽつが小鼻にある人もたくさんいます。この状態でも毛穴に汚れが詰まっているのであまり良い状態ではありません。
この後に、角栓が酸化してしまうと黒くなってしまいます。角栓が空気に触れることでどんどん酸化が進んでしまうので、気が付いたときには黒ずみが目立ってしまうのです。黒くなってしまうと、余計に角栓が目立ってしまい、あまり綺麗には見えなくなってしまうでしょう。

間違った対処でかえってひどくなることも

いちご鼻を何とかしたいと思って、ピンセットなどを使って無理やり角栓を取り除こうとしていませんか。毛穴パックを使う人もいるでしょう。これらのやり方をすると、確かに角栓は取れますが、毛穴が開きっぱなしになるので、すぐに黒ずみが復活してしまいます。しかも、毛穴の周りが傷ついてしまうのでやめたほうが良いです。

皮脂の取りすぎもよくありません。鼻が乾燥してしまうと、毛穴が開いてしまいます。適度な皮脂があることで、乾燥から肌を守ってくれます。
鼻がテカっている時、どうしても皮脂を熱心に取り除きたくなりますが、軽くティッシュオフするくらいで十分です。
ビタミンC誘導体が入った化粧水を使ってお手入れするなどして、いちご鼻にならないように気をつけましょう。