顔の中でも中心に位置する鼻。意外と目に付く部分です。そんな鼻ですが、ニキビや黒ずみなど肌荒れが気になる方が多いようです。そこで鼻のニキビや黒ずみ予防と対策法についてご紹介します。

洗い過ぎは逆効果

いちご鼻のように黒ずんだ状態、この原因は角栓詰まりです。
毛穴に詰まった皮脂や古くなった角質が硬くなって取れなくなります。
さらにそれが空気と触れて酸化して黒くなってしまうのです。

となるとこの角栓を取り除けばいいと安易に考えがちかもしれません。貼って剥がして角栓を取るタイプのシートパックが一般的ですが、実はこれ、絶対にやってはいけない行為なのです。
シートに角栓がくっついてその時はきれいになるのでいいかもしれませんが、肌への負担が大きすぎます。

角栓だけでなく必要な皮脂や角質まで剥がし取ってしまいます。となると肌荒れが進行し、さらに角栓詰まりがひどくなるといった悪循環に陥るわけです。

どうしても今すぐ黒いボツボツをなくしたいなら、オイルマッサージがおすすめです。
鼻を蒸しタオルなどで温めてからオイルをなじませて指の腹で小さな円を描くようにクルクルとマッサージします。これだけで毛穴に詰まった角栓がスルッととれます。シートパックに比べると、肌へ与える負担が劇的に少ないので、どうしても今すぐきれいにしたいならこの方法がおすすめです。

保湿でターンオーバーを整える

7--11

オイルマッサージでその場をしのぐことはできますが、そもそも角栓詰まりがあるということは、ターンオーバーが乱れていることなので、またすぐに詰まってしまいます
いくら肌に負担が少ないオイルマッサージとは言っても毎日のように繰り返しては肌荒れする可能性もあります。角栓詰まりをいますぐ解消したい気持ちはわかりますが、段階を踏むのが本筋です。

すべきことはターンオーバーの正常化です。肌の一番外側はバリア機能を果たすため、ターンオーバーと言って28日周期で細胞が入れ替わっています。

ただ、ストレスや加齢が原因でこの周期が乱れることがあり、その結果角栓詰まりや肌荒れを招くわけです。

肌の健康を考えた生活を送るべき

ターンオーバーの正常化には規則正しい生活習慣が大前提です。
それに加えて保湿が肝心です。毎日行うスキンケアの中で保湿は非常に重要なのです。

角質は潤ってこそそのバリア機能を発揮できるからです。保湿効果のある成分は沢山ありますが、その中で自分に合ったものを見つけて利用するといいでしょう。
肌のニキビや黒ずみを予防するにはその場しのぎの対策ではいけません。生活習慣の見直しと保湿中心のスキンケアで地道に頑張るしかないのです。