鼻の黒ずみや脂つまりは女性にとって非常に気になるものです。
それぞれに原因があり対処方法もことなるため自分に合った方法を見つけることが大切です。

気になる鼻の黒ずみや脂つまりの原因とは

気になる鼻の黒ずみや脂つまりの原因とは
鼻の黒ずみの原因は3つ考えられます。
一つ目は毛穴のつまりです。

触った感触がざらついている人はこのタイプです。
古くなった角質と皮脂が混ざり合い角栓がたまることにより毛穴が広がります。
その広がった毛穴が黒ずみの原因とも言えます。
鼻は顔の部分で最も皮脂が沢山分泌されるため毛穴の炎症を起こす可能性があります。
ニキビもこの過剰な皮脂分泌のためです。

二つ目は毛穴のメラニンが原因です。
このタイプは毛穴のつまりとは異なり触ってもざらつきを感じません。
メラニンとは黒く見えるためシミもメラニンの仕業だということはよく知られています。
日焼けすることによってメラニン色素が目立つようになってしまいます。
また日焼けだけではなく摩擦や化粧品でもメラニンを刺激し黒くなってしまいます。

三つめはうぶ毛です。
鼻に生えているうぶ毛は毛の処理の時に見落とされがちなため黒く見えます。
鏡でよく観察してみるとうぶ毛が生えていることが分かります。
このタイプは触ってみると少しざらつきを感じます。

黒ずみや脂つまりのタイプ別対処方法とは

02

毛穴つまりタイプの対処方法は正しい洗顔と保湿です。
このタイプのポイントは皮脂と古くなった角質取り方です。

正しい取り方を行えば改善が可能です。
洗いすぎが良いわけではないので適度な洗顔を心がけましょう。
乾燥させない程度の洗顔が理想でその後はしっかりと自分に合った化粧品で保湿を行いましょう。
メラニンタイプはメラニンの生成を抑えることに重点を置きます。

日焼けしないことが一番大切ですが、やむ負えない場合には日焼け止めは忘れずに塗りましょう。
これを怠らないことでメラニン生成は抑えることが出来ます。
うぶ毛タイプは毛の処理を丁寧にすることです。

顔の皮膚はデリケートなため注意が必要です。
場合によっては専門のクリニックやサロンで処理してもらうと良いでしょう。

ケアを行う時に最も注意することとは

黒ずみの取り方で最も注意すべき点は処理の仕方を間違えないという事
処理の後は保湿を心がけるという事です。

肌は敏感なため少しの刺激でトラブルが起こりがちです。
普段から処理のあとは保湿というように心がければトラブルなく毛穴のケアをおこなう事が可能です。