顔の中央にある鼻に、黒ずみができると気になってしまいませんか。
自分でも気になるでしょうし、周りの人も気になって見るかもしれません。
もちろん、かなりの個人差があることですが、できることなら肌色の綺麗な鼻にしたいとは思いませんか。
何をしてもだめだった人も、もしかしたら、間違った方法を行っていたかもしれませんので、正しい方法で対処してみてください。

原因は3つ考えられます

いろいろと調べた人なら、原因を知っている人もいるでしょう。
余分な皮脂やメイクなどが毛穴に詰まって、角栓ができ、それが酸化して黒ずんだということです。
確かに、これも原因の一つです。
しかし、まだまだ他にも原因が考えられます。

メラニンが原因で黒ずみができます

6--16

鼻を触ってざらざらしない人は、メラニンが原因で黒ずみができたと考えられます。
紫外線の影響でメラニンが作られたことで、黒くなってしまうこともあります。
メラニンと言えば、シミの原因で良く知られていますが、これと同じ原理です。

最後の一つは、産毛です。
汚れているように見えるけれど、実は産毛かもしれません。
鏡で良く見てください。
触ったときに多少ざらつきがあるなら、産毛だと考えていいでしょう。
開いた毛穴から短い産毛が黒い点のように見えていたり、埋まっている毛が皮膚から透けて見えていることもあります。
いろいろな対処をしても改善されない場合は、産毛かもしれません。
まずは、鏡でよく見たほうが良いです。

それぞれの原因別に対処しましょう

小鼻の黒ずみは、普通の洗顔料ではなかなか落ちないこともあります。
ここでおすすめしたいのが、酵素洗顔です。

毛穴の汚れに強い力を発揮してくれます。
酵素洗顔するときも、普通の洗顔と同じようにたっぷり泡立てて優しく洗ってください。
皮脂の落としすぎには気をつけましょう

かえって乾燥して小鼻の黒ずみがひどくなるので、優しく丁寧に洗ってください。
その後、たっぷりと保湿して、毛穴を引き締めることも忘れないようにしましょう。

基本的にどの原因でも正しい洗顔は重要です

角栓対策なら以上だけで十分です。
メラニンが原因の場合は、紫外線対策が欠かせません。
外出してもしなくても日焼け止めを使うようにしたほうが良いです。

また、肌のターンオーバーを正常にするためにもしっかりと保湿して、規則正しい生活を送りましょう。
産毛の場合は、脱毛してください。
ただし、毛抜きで抜くのは肌に負担がかかるのでやめましょう。
脱毛サロンなどに行って、鼻の産毛を脱毛してもらえば、黒ずみがわからなくなります。