口の周りも意外と黒ずみが目立つ部分ですが、お手入れを改めることで、だんだんと目立たなくしていくことができます。
まずは肌が黒くなる原因を知り、その原因にあわせた対策が必要となります。
デリケートな部分ですので、優しく丁寧にお手入れを行っていきましょう。

紫外線の影響

顔の中でも特に口周りは柔らかく、デリケートな部分でもありますので、紫外線の影響も受けやすくなっています。
外出するときも日焼け止めクリームなどでしっかりと口周りも保護しておきましょう。
さらに帽子や日傘も紫外線対策に役立ちます。

シミができてしまった場合は美白化粧品を使って明るい肌を目指していきましょう。
さらにターンオーバーの機能が低下していることも口の周りの黒ずみにつながりますので、ピーリング効果のある石鹸で洗うなどで古い角質をはがしていきましょう。
睡眠不足を解消すること、栄養のバランスを整えること、ストレスをためないことなどもターンオーバーの促進に役立ちます。

刺激を抑えよう

16-1

女性でも口の周りは産毛が目立つ部分ですので、カミソリやシェーバーでお手入れしている方も多いのではないでしょうか。
そういったお手入れも頻繁に行うと刺激となりやすいので、優しく丁寧に処理することが大切です。
シェーバーやカミソリはできるだけ質の良いものを使い、剃ったあとはしっかりスキンケアを行っておきましょう。

さらに唇は乾燥しやすい部分ですので、つい口周りをなめてしまうことも、刺激となってしまいます。
メイクを落とすときにゴシゴシふき取ることも肌への刺激となりますので、こちらも注意したいところです。
乾燥もしやすい部位ですので、保湿ケアも丁寧に行っておきましょう。

それから髪の毛の刺激も原因している可能性がありますので、顔に髪がかかるようなヘアスタイルの人は髪型を変えてみることもおすすめです。

毛穴の汚れを落とそう

口の周りの黒ずみの原因は毛穴の汚れが目立っていることもあげられます。
つい洗い忘れもしやすい部分ですので、洗顔やクレンジングも丁寧に行っておきたいところです。
時にはパックなども活用すればよりしっかりと毛穴の汚れを落とすこともできます。

口周りはニキビができやすい部位でもあり、ニキビ跡が色素沈着して肌を黒くしてしまうこともあります。
お手入れの際もニキビをつぶしたりせず、優しくお手入れしていきましょう。
美白効果の高いコスメでお手入れしたり、美白に役立つ成分の入ったサプリメントなども黒ずみ改善に役立ちます。