毛穴の黒ずみやつまりの正体は、そこにたまった古い角質や皮脂などが原因なので、透明感のある肌にしたい場合は取り除く必要があります。
毛穴の黒ずみを解消する石鹸選びのポイントは吸着力の強さなので、購入する際はそれを基準に選ぶようにしてください。

吸着力の強さで選ぶと毛穴の奥まで届く

毎日洗顔していても毛穴の黒ずみやつまりは起こるので、それを改善したいときは、洗浄成分の吸着力の強さで洗顔料を選ぶ必要があります。

汚れや古い角質と皮脂が混ざった角栓が酸化すると黒く変色してしまうのですが、この原因は空気中の埃や、落としきれなかったメイクなどの汚れなので、それを綺麗に取り除くことが出来れば黒ずみに悩まされなくて済みます。

洗浄成分が毛穴の奥まで届かないものを使っていると、どれだけ丁寧に洗っても汚れが残ってしまうため、毛穴の奥までしっかりと届き、汚れを吸着してくれる石鹸を使わなければなりません。

マイナスイオン効果のある洗顔石鹸を使うと、毛穴の汚れや老廃物といった、プラスに帯電している物質を強い威力で吸着できるので、肌に負担をかけることなく余分なものを取り除けます。
通常の石鹸や洗顔料では取り除けないようなかたくなった角栓さえ、スムーズに吸着して除去できるので、お肌に明るさを取り戻せます。

粒子が細かいものを選ぶ

32dc6f68ac37_s

洗顔石鹸を使うときは、吸着力の強さだけでなく、粒子が細かいものを選ばなくてはなりません。
粒子が細かくないと、狭い毛穴の奥まで洗浄成分が入り込めないので、汚れを取り除くことが出来ないからです。

粒子が細かい洗顔石鹸を使うと、毛穴の奥に入り込んだ洗浄成分が強い吸着力で黒ずみやつまりの原因を取り除けるので、さっぱりとした洗い上がりになります。
ミクロ単位の汚れもしっかり洗い流せるので、毛穴の開きが目立たなくなり、なめらかで、透明感のある肌に生まれ変わることが出来るでしょう。

皮脂の過剰分泌を抑えることが必要

吸着力の強すぎる洗浄成分を配合した洗顔石鹸を使うと、皮脂を余分に取りすぎて乾燥しやすくなるので、それを補うために皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

ニキビや吹き出物などの肌トラブルの原因となってしまうので、洗顔石鹸を選ぶときは吸着力の強さを持つだけでなく、皮脂の過剰分泌を抑えられるものにしなければなりません。

お肌に優しい成分で作られ、保湿効果の高い洗顔石鹸を使えば、洗い上がりもしっとりとしますし、皮脂を取りすぎることもないので健康的な肌の状態を保てるでしょう。