老若男女関係なく目の下の黒ずみが悩みとなっている人は多いとされています。
目の下が黒ずんでいると老けていたり、疲れている印象を人に与えてしまいます。
改善することによって若返って見えることが期待できます。

目の下に黒ずみができる原因

目の下に黒ずみができる原因
目の下の黒ずみの原因は、一般的に寝不足や疲労だとされています。
しかし、それだけではなくさまざまな原因によって目の下のクマは引き起こされてしまい、
その種類も大きく分けて3種類に分けられます。

茶クマの原因はメラニン色素によるものです。
表皮レベルの茶クマは紫外線からの刺激や目を擦る、アトピー性皮膚炎や化粧かぶれ、落としきれなかったマスカラが原因です。
真皮レベルになるとメラニンが肌の奥に沈着してしまっている状態です。

青クマは血行が滞り薄い皮膚から毛細血管が透けることで起こります。
冷えや疲れ、ホルモンバランスの乱れなどによって引き起こされます。

黒クマにも2種類のタイプがあります。
生まれつき目の下の脂肪が少ない、加齢によって目の周りの脂肪が萎縮することによって皮膚がへこんで影ができているタイプと、
加齢によって眼窩脂肪を支えている筋肉が緩んで眼窩脂肪が突出することで
たるみが生じてその下が凹みができてしまうタイプに分けられます。

改善の方法

11

改善するためには、原因に合わせて対処していく必要があります。
茶クマが表皮レベルである場合は美白効果のあるビタミンC誘導体が配合された
スキンケアがおすすめです。
真皮レベルである場合にはセルフケアは難しいためレーザーでの治療が有効となります。

青クマの場合には、血行を良くすることが良いとされておりマッサージやポットパックなどが効果的です。

黒クマである場合には、脂肪が少ないタイプにはヒアルロン酸を注入して凹みを無くす方法、
筋肉が緩んでいる場合には眼窩脂肪を取る脱脂手術などが有効だとされています。

効果的な運動

筋肉が緩んでいたり、血行が悪い場合には目の周りの筋肉を鍛えることも効果的だとされています。

簡単なストレッチの方法としては、目をぎゅっと閉じて5秒キープし、目を大きく広げて5秒キープするのを5回ほど繰り返したり、
目を閉じた状態で眉毛の筋肉を引き上げて5秒キープしゆっくり元に戻すのを5回繰り返すことが目の周りの筋肉を鍛えることに繋がります。

また、まばたきを意識して行なうことも眼輪筋を鍛えることになります。
このような運動は目の疲れの改善にも効果的です。