鼻の黒ずみ毛穴が気になっており、綺麗にしたいと考えている人も多いでしょう。
ちなみに、きちんとケアしているつもりでも、間違った方法を行っているとさらに状況が悪化してしまうこともあるので注意が必要です。

そこで、綺麗な肌を手に入れる方法を知っておくと良いでしょう。

間違ったケア方法

鼻の黒ずみは、ただ汚れを取れば良いと考えている人もいるかもしれません。
しかし多くの人は間違ったケアを実践しており、黒ずみがさらに悪化してしまうということです。

詰まった角質や角栓などを落とすため、力を入れて擦って洗っている人もいるでしょう。
しっかり洗った方が汚れが落ちるというイメージがあるかもしれませんが、実は力を入れすぎるのは良くありません。
念入りな洗顔をすることで、肌にとって必要な皮脂まで取りすぎてしまうことがあります。

必要な皮脂まで取りすぎてしまった場合、それを補うのに肌は皮脂を多く分泌してしまいます。
必要以上に分泌された皮脂は詰まってしまいますし、黒ずみの原因になってしまうということです。

パックに注意

daf6ad5502bb_s

詰まった角栓や汚れを取るために、専用のパックを使っている人もいるかもしれません。
角栓を簡単に取ることができますし、気持ち良いので継続的にケアしている人もいるでしょう。

続けることで毛穴を小さくできると言われていますが、間違った方法で使い続けると逆に広がってしまうこともあります。

汚れを取った後の毛穴は開いた状態であり、汚れが溜まりやすくなっています。
角栓が抜けた後にまた汚れが溜まって元の状態に戻ってしまうため、汚れがたまらない状態をキープすることが大切です。

正しい黒ずみの取り方

黒ずみを改善するためにはやはり洗顔が大切なのですが、強く擦って洗うのは良くありません。
毛穴汚れは使用する洗顔料の選び方と洗い方が大切であり、力を入れて擦らなくても汚れは落とすことができると知っておきましょう。

毛穴ケアには洗顔が重要であり、専用の洗顔料なども多く販売されています。
汚れを除去する効果が高いことはもちろん、汚れを除去した後の毛穴をケアする効果も期待できます。

洗顔では、手の圧による刺激を少しでも少なくすることが大切であり、しっかりと洗顔料を泡立てて使うようにしましょう。

泡を顔に当て円を描くように手を動かすだけででも洗顔効果は得られますし、汚れもしっかり落とすことができます。
また、泡をしっかり流すことも大切であり、洗顔料が残らないように注意しましょう。