肌の悩みの中でも、世代を問わず多いのが毛穴の悩みです。
その中でもポツポツと小鼻を中心に広がる黒ずみが気になるという女性は多いものです。

その原因はいくつかあり、種類によって対策も異なります。
ですので、自分がどのようなタイプに当てはまるか知っておくことが大切です。

毛穴の詰まりが黒ずみの原因

肌がざらついていて毛穴が黒ずんでいるなら、その原因は毛穴の詰まりにあります。

毛穴の中には、皮脂を分泌する皮脂腺があります。
皮脂腺から分泌された皮脂は毛穴を通して外に排出され、外部の刺激が肌に侵入したり、肌の水分が蒸発されないよう肌の保護膜として役割を発揮します。

しかしながら、古い角質が排出されずに表皮に残って毛穴をふさぐと、皮脂が外に排出されずに毛穴を詰まらせます。
また、化粧をきちんと落としてなかったり、洗顔をしないなど、日々のスキンケアを怠ると、汚れやほこり、皮脂が古い角質と混ざり合って毛穴に詰まります。

このように毛穴が詰まると角栓ができ、角栓が酸化すると黒ずみになります。

オイリー肌に多い毛穴の詰まり

595629

肌質で見ると、毛穴の黒ずみはオイリー肌に多く見られます。これは、皮脂腺が発達していることに原因があります。顔の部位で見ると、特にTゾーンにその傾向が強く見られます。
皮脂の分泌と肌のターンオーバーがアンバランスな状態になると、古い角質が毛穴を覆い、毛穴の中に角栓ができます。

皮脂は毎日分泌されるので、日々のスキンケアで対処することが大切です。
毛穴を詰まらせないためには、洗顔を重視したケアが効果的です。洗顔料はさっぱりタイプのものを選び、不要な皮脂や角質、汚れを肌に残さないようにしましょう。

また、時々ピーリングや酵素洗顔をスキンケアに取り入れるのもおすすめです。これらは、皮脂や汚れだけではなく、古い角質を除去し、毛穴の詰まりを解消します。
角栓パックは刺激が強く、毛穴を開かせて黒ずみを引き起こすので、使用は控えましょう。

乾燥肌でも毛穴は詰まる

毛穴の詰まりは、オイリー肌に多く見られるものの、乾燥肌でも起こる場合があります。
乾燥肌は肌のターンオーバーが乱れやすく、表皮に残った古い角質が毛穴をふさぎます。すると、角栓ができて黒ずみになります。

日々のスキンケアでは、保湿成分が含まれた美容液などを使い、肌の乾燥を防ぐなど保湿を重視したお手入れが有効です。
角質が溜まってしまった場合はピーリングを行い、肌のターンオーバーを促進すると良いでしょう。

乾燥肌は、できるだけ刺激の少ないピーリング剤を選ぶことが大切です。
そして、ピーリングを行った後は十分に保湿するのを忘れないようにしましょう。