毛穴の黒ずみ、特に鼻まわりの毛穴に悩んでいる人は少なくありません。黒ずんだ毛穴を隠すためにファンデーションをしっかり塗り込んでいる方も多いはず。

しかし、メイクで隠そうとすることが毛穴の黒ずみを悪化させるかもしれません。その理由と対策についてご紹介します。

毛穴の黒ずみの原因

毛穴が黒ずむ原因は、皮脂と汚れです。古い角質や汚れが皮脂と混ざり、毛穴に溜まると角栓というものになります。
この角栓が大きくなると毛穴を押し広げてしまい、毛穴が目立つ原因となります。

さらに角栓の皮脂が酸化すると黒っぽくなってしまいます。この開いた毛穴と、角栓の皮脂の酸化によって毛穴が黒く見えてしまうのです。

それをメイクで隠そうとして厚塗りしてしまうと、化粧品の油分がさらに毛穴に溜まり、黒ずみを悪化させ、悪循環に陥ってしまいます。

正しい洗顔で毛穴をきれいに保って対策する

7b2240e3fd87_s

メイクで毛穴を隠さなくて済むような素肌美人になるには、日頃から地道にケアしていくのが一番の近道です。

まず、洗顔を見直しましょう。毛穴の汚れをしっかり落とすべくゴシゴシこすっている方もいるのではないでしょうか。
しかし強くこすると肌への負担が大きく、逆に黒ずみを悪化させてしまうことがあります。

洗顔は、多すぎると思うくらいたっぷりの泡で、できるだけ手が肌に当たらないように洗うのが正しいやり方です。

たっぷりの泡で洗うと肌への負担を最小限に抑えつつ毛穴の奥まできれいになるので、毎日続けると毛穴が目立たなくなっていきます。
手でたっぷりの泡を作るのは大変なので、泡立てネットを使うのが良いでしょう。

正しいスキンケアで皮脂を抑え、対策する

皮脂の分泌を抑えることも毛穴の黒ずみ対策としては有効です。
正しい洗顔で汚れを落としたら、正しいスキンケアで皮脂の分泌を抑えましょう。

ポイントは保湿です。乾燥肌の方はもちろんですが、脂性肌の方も保湿は大事です。

というのも、肌の表面が脂っぽくても内側が乾燥しているという隠れ乾燥が起こっていることも少なくないからです。
肌の内側が乾いていると少ない潤いをとどめるべく皮脂がたくさん分泌されてしまうのです。

このため、どんな肌質の方でも、洗顔後は化粧水で水分補給をしっかり行いましょう。
また、浸透した水分を乳液やクリームで閉じ込めておくことも忘れずに。

肌が潤うと皮脂の過剰分泌が起こらなくなり、角栓ができにくくなる上に毛穴の開きも軽減されます。
毛穴の黒ずみが気になる方はスキンケアも見直してみましょう。