肌のくすみや黒ずみは女性にとって美容の大敵ですよね。年齢を重ねると誰しも肌全体が何となく茶色っぽく感じたり、鼻の周りやおでこに黒ずみが目立ってきたりするものです。

しかし、そんな同世代の女性を尻目に透明感のある美しい肌を保っている人もいるのも事実。やはり努力次第でくすみや黒ずみを解消して美しい肌をつくることもできるのです。

くすみや黒ずみの原因を知り、適切な対策を行なって解消しましょう。

肌のくすみや黒ずみは代謝の低下が原因?

くすんだ肌にお悩みの方の多くは、肌の代謝の低下が起こっていることが多いといわれています。肌の代謝が低下すると肌の生まれ変わり(ターンオーバー)がスムーズに行かなくなり、その結果として古い角質が肌の表面に残ってしまうため、肌が茶色くくすんでしまうのです。

また、肌の代謝が低下すると肌の水分保持に必要なヒアルロン酸などの成分が減少するので肌が乾燥しやすくなります。
肌が乾燥すると毛穴が開き、皮脂や古い角質が毛穴に詰まりやすくなるので、毛穴に角栓ができやすくなります。

角栓は酸化して黒く変色するので、特に皮脂の多い鼻の周りなどに黒ずんでしまうというわけです。

肌の代謝の低下の原因は血行不良?

バスタイム-2

肌の代謝が低下する大きな原因となるのが肌の血行不良です。
血液は肌の細胞が活動するために必要な酸素や栄養を運ぶ役割をしているので、血流が悪くなると肌の細胞に運ばれる酸素や栄養も減少し、その結果として肌の代謝が悪化してしまうというわけです。

肌の血行促進には、毎日適度な運動をして全身の血液循環をよくすることが効果的です。
きつい運動は長く続かないので、毎朝少し早めに起きてウォーキングをしたり、夜寝る前にヨガやストレッチを行なったりするなど、生活習慣として無理なく続けられる運動をするのが三日坊主にならないコツです。

また、熱すぎないお風呂にゆったりと浸かりながら、ホホバオイルやオリーブオイルなどのピュアオイルを使用してフェイスマッサージをすると肌の血流が活発になるので、くすみにお悩みの方は試してみましょう。

くすみ・黒ずみの解消には食生活の改善も重要

肌の血流をスムーズにして代謝を促すには食生活の改善も不可欠です。
特に普段から肉中心の食生活で肉の脂身や揚げ物、スナック菓子、ケーキやクッキーなどの洋菓子を多く食べている人は血液がドロドロになっている可能性が高いので、こうした食品はできるだけ控えるようにしましょう。

また、肌の代謝を高めるには、皮膚や粘膜をつくるのを助けるビタミンAや肌のコラーゲンの合成に関わるビタミンC、代謝を活発にするために必要なビタミンB群なども必須なので、くすみや黒ずみの解消したいときには、これらの栄養が不足しないように緑黄色野菜や果物を積極的に取り入れた栄養バランスのよい食事を心がけることも大切です。