「最近、なんだか顔がくすんで見える。」「毛穴の黒ずみが目立つ。」と、お悩みの方は、いらっしゃいませんか?

お肌のくすみや黒ずみは、見た目の印象を悪くしてしまうイヤなものです。
放っておいても自然に改善できるものではないため、しっかりとケアしたり、予防したりする必要があります。

メラニンがくすみや黒ずみの原因に?

肌全体のくすみや黒ずみの原因となるのはメラニンです。

メラニンは、本来、身体を紫外線や乾燥といった刺激から守るための大切な色素です。
しかしこのメラニンは、強い紫外線を浴びたりと、ちょっとしたことで過剰に生成されてしまうものなので、毎日のケアに注意が必要なのです。

紫外線が強い季節には、UV対策を行ったり美白化粧品を使うなどで、気をつけていらっしゃる方も多いでしょう。
もうひとつ気を付けたいのが、摩擦です。

間違った洗顔方法も原因のひとつ

5f9a8910bfe2_s

あなたは毎日の洗顔やメイク落としの時に、顔をゴシゴシとこすったりしていませんか?
先願やクレンジング、そして普段のメイクの時などに繰り返し肌をこすったりしていると、摩擦により皮膚が傷ついたり、場合によっては炎症を起こしたりします。

すると、肌の防御反応としてメラニン色素が過剰に生成されて色素沈着を起こし、しみはもちろんのこと、くすみや黒ずみなどの原因になってしまうのです。

強い力でこすったり、何度もゴシゴシしたりするのは、お肌には禁物です。
お肌を洗ったり触ったりする時は、できるだけ刺激を与えないよう、力を入れずに優しく行うのがポイントです。

また、乾燥も肌をくすませる原因になるため、先願後はしっかりと保湿を行うことが大切です。

肌のターンオーバーを促すことも大切

更に、通常、過剰に生成されたメラニンによって色素沈着を起こした肌細胞は、古い細胞が新しい細胞に生まれ変わる肌のターンオーバーによって、肌の内部から表面の角質層へ押し出されて、最終的に剥がれて落ちていきます。

けれど加齢等でターンオーバーが遅くなってしまうと、肌の表面に古い角質が居座り続けてしまい、なかなか色素沈着を起こした細胞が表面に上がっていけません。
また、このような古い角質の居座りが、更にお肌をくすませる原因なのです。

20代では約28日間かかるお肌のターンオーバーは、30代から40代では45日、60代では100日もかかってしまうと言われています。
肌のターンオーバーを促すサプリメントや化粧品、ピーリング等の方法をうまく取り入れて、くすみや黒ずみの原因となる古い角質を取るようにしましょう。