ひざのくすみは自分ではなかなか気づきにくいですが、気にしてみてみると意外とひざがくすんでいる人は多いものです。
脚を露出することの多い女性は気を付けておきたい部分です。

なぜ膝がくすんでしまうのか?

なぜ、ひざがくすんでしまうのかというと、色素沈着を起こしてしまうからです。
ひざは体の中でも皮脂や汗が出にくい部分であり乾燥しやすいため、外部からの刺激に対して強くありません。

さらに、ひざは歩行の際に必ず伸縮する部分なので、パンツの生地と摩擦が絶えず生じています。
このような外部からの刺激によってメラニン色素が大量に生産され、くすみの原因となります。
また、紫外線による日焼けも、当然ながら原因になります。

さらに、古く不要な角質が分厚く重なってしまうことも原因となります。

生活習慣を見直す

やわらかく

では、ひざのくすみを改善し、美しいひざを手に入れるためにはどうすればよいかというと、まずくすみの原因となってしまっている生活習慣を見直すことから始めましょう。

例えば、ひざ立ちをすることが多い人はなるべく行わないようにする、お風呂で固いタオルでゴシゴシと洗っている人は柔らかい素材にかえる、スキニーのデニムをはいて長時間歩くことが多い人はスキンローションやクリームで擦れにくくしておくなどです。

紫外線対策には、足にも日焼け止めを十分に塗るようにしましょう。
くすみの原因となっている日常習慣を見直さないと、ケアをして治ったとしても、すぐに再発してしまいます。
自分自身の生活習慣を見つめ治し、仕事や日常生活に支障のない、無理のない範囲で取り組みましょう。

マッサージと保湿で防ぐ

また、色素沈着によってすでにくすんでしまっている場合にも、ケアをすることでそれ以上悪化するのを防ぐことができます。
皮膚は硬くなればなるほど、色素の沈着も進んでいってしまうので、皮膚を柔らかくするためにマッサージを行います。
強くおこなって皮膚と摩擦が起きると刺激になってかえって症状を悪化させてしまうので注意してください。

そして、日ごろからスキンローションやクリームで十分に保湿をしましょう。
乾燥しやすい季節には特に意識して保湿してください。

古く不要な角質の層が久住の原因となっている場合には、スクラブなどをつかって取り除いてあげましょう。
このとき注意してほしいのは、力を入れて擦ってしまうと症状を悪化させてしまうので、湯船で角質を十分に柔らかくした後に、優しく行うことです。

これらを毎日行うことで、肌のターンオーバーによってくすみは改善されていきますので、根気強く取り組みましょう。