肌の露出の多いこれからの季節、ボディラインの調整と共に、重要になってくるのが膝やくるぶしのケアです。
せっかくの、美しい生脚を披露しても、膝やくるぶしが黒ずんでいては、その魅力も半減してしまいますね。

そこで、黒ずみの原因とその対処法について徹底的に情報を集めてみたいと思います。

色素沈着・摩擦・乾燥、日焼け

膝やくるぶしなどが黒ずむ主な原因としては色素沈着が挙げられます。
摩擦などによって、皮膚表面が傷つき、そこへ起こった色素沈着が黒ずみとなって残ります。

また、皮膚の乾燥などにより、皮膚表面のターンオーバー(新陳代謝)がスムーズに行われず
古くなった角質が作った厚い層が黒ずみの原因ともなります。
その他にも、過度の日焼けにより、メラニン色素が大量に発生して色素沈着が起こるケースもあります。
このように、摩擦や、乾燥、日焼けなどを普段の生活の中でも出来るだけ避けることで、黒ずみを防止することが出来るのです。

動作に日頃から注意

6--18

日本式の生活の中では、膝をつくような動作が多く見られます。
このことによって、膝に摩擦が生じ、色素沈着などの症状を起こすのです。
ですから、摩擦を避ける為には、このような動作を日頃から注意してしないようにしましょう。
また、脚を組む、正座をするなども同様に避けるべき動作となります。

乾燥に関しては、フェイシャルのケアと同じく、入浴後などに、適度な保水と保湿をしてあげることが大切です。
フェイシャルのケアを充分に行っている人でも、膝やくるぶしのケアを怠っていると言う人は意外に多いので、
この部分に関しても、毎日のきちんとしたケアを心がけて下さい。

日焼けに関しても、同様です。
フェイシャル周りには細心の注意が払われ、日焼け対策もばっちりと言う人がほとんどだと思います。
しかし、肌の露出が多い季節には、膝回りくるぶしなどの日焼け防止対策も当然必要になって来ますので、フェイシャル同様のケアをすることが大切と言えます。

重曹マッサージを週に一度行う

日常の生活習慣を改善することで、あらたな黒ずみやくすみなどは防止出来ますが、既に出来てしまっている黒ずみやくすみはどのように対処すべきなのでしょうか?

黒ずみ・くすみの対処方法として効果的なのは、重曹をつかったマッサージです。
重曹大さじ一杯を水小さじ一杯と練り合わせ、ペースト状にします。
この重曹ペーストを使って、気になる部分をマッサージするのです。
重曹に含まれる細かな粒子がスクラブの役割を果たし、固くなった古い角質を徐々に剥がしとってくれます。

このとき注意するのは、皮膚表面を傷つけないように、ていねいに優しくマッサージを行う点です。
このような重曹マッサージを週に一度行うだけで、膝やくるぶしの黒ずみはかなり改善されて行きます。