ショートパンツやミニスカートからすらりと伸びた足はそれだけで魅力的です。
男女問わず、美しい脚には思わず目がいってしまうものですよね。
ところが、どんなに綺麗な足でも、膝の辺りが黒ずんでしまっていてはそれだけで一気に魅力半減です。
キレイな美脚を台無しにしてしまう黒ずみはいったい何故起こってしまうのでしょうか?

その原因と対策について

黒ずみの主な原因は、古くなった角質が層のように重なって黒く見えるものなのです。
この角質をていねいにお手入れすることで、悩んでいた膝の黒ずみが解消されます。

お手入れ方法としては、重曹などをつかったマッサージが効果的です。
食用の重曹と水で、重曹のペーストを作ります。重曹大さじ一杯に対し、水が小さじ一杯の割合で作ってみましょう。
そのペーストで膝の部分を円を描くように優しくマッサージします。
スクラブ効果で固くなった角質の層を徐々にはがしていき、新しいキレイな皮膚を表面に出して行くのです。

ただし、過剰な刺激は厳禁ですので、あくまでやさしいマッサージを心がけましょう。
マッサージが終わったら、水で重曹ペーストを綺麗に流し、その後はフェイスのスキンケアと同様に、化粧水でたっぷりと潤いを与えて上げ、保湿クリームでその表面の潤いを保護します。重曹マッサージは週に一回程度で行うのが良いでしょう。
このお手入れを根気よく続けていれば、つるりとした綺麗な膝を手に入れる事が出来ます。

普段から黒ずみを作らないように心がける

22-1

しかし、黒ずみを取り除けたとしても、普段から黒ずみを作らないように心がけることも必要になります。
黒ずみとなる角質の層が作られる原因としては、「摩擦」「乾燥」「日焼け」が挙げられます。
膝をつく事が多い日本人の生活、少しでも摩擦を起こさないようにする為に、正座をしない、足を組まないなど、小さなこころがけが必要です。
乾燥に関しては、入浴後に化粧水で保水し、保湿クリームで皮膚表面の潤いを保護すれば、かなり防げるでしょう。

日焼けにも注意

日焼けですが、顔の日焼けに関しては、かなり気をつけている人でも、膝部分は、意外とケアしていないものなのです。
顔と同じように膝部分にも日焼け防止対策をすることで、古くなった角質の層を作るのを防止する事が出来ます。
肌の露出が多くなるこれからの季節、適切なお手入れと防止対策で美しく魅力的な美脚を手に入れましょう。
美しい魅力的な脚はそれだけで、オシャレ度をアップする最強のアイテムになります。