あたたかくなると毎年気になる脚や腕。太さも気になりますが、黒ずみも油断できません。
冬はついケアを怠ってしまう方も少なくないと思います。

今回は、膝が黒ずんでしまう原因や、日常生活で気をつけること、簡単にできるケアをご紹介します。

原因

  • 膝をつく
  • 細めのパンツやストッキングなどをよく履く
  • 元々、関節は皮膚が伸縮し黒くみえやすい。
  • 元々乾燥しやすい。

日ごろの習慣だけでなく、本来の特徴も原因となっています。
では、どうしたらよいか。まず日常生活で気をつけられることからご紹介します。

日常生活で気をつけること

マッサージ

「膝をつく」のは、黒ずみの最大の要因です。自宅でティッシュを取るとき、リモコンを取るとき、ついていませんか?無意識のうちについていること、意外と多いんですよね。
床掃除やヨガやストレッチなどは、タオルを敷いたりして床との摩擦を軽減しましょう。ヨガマットは分厚いものもいいですね。

「衣類の摩擦」はなかなか避けられるものではありません。細身のパンツはピタッと密着しているので、動くたびに摩擦が起きています。
ストッキングの場合も、素材がポリエステルであることがほとんどなので、脚全体が乾燥する要因でもあり、黒ずみの元になってしまいます。
なので、パンツやストッキングを履く前にはクリームを塗るなどしましょう。摩擦が軽減されます。

次に、自宅でできるケアについてです。

自宅でできるケア

大切なのは「保湿」「マッサージ」「除去」です。

「保湿」
毎日保湿です。
ただでさえ乾燥しやすいところなので、お風呂上りや寝る前にクリームを塗ると効果的です。
ボディ用のものや全身に使えるリーズナブルな万能クリームでもなんでもいいです。

「マッサージ」
マッサージは、お風呂の中やお風呂上りの体が温まった状態で行いましょう。
お風呂の中でのマッサージはボディソープをしっかりと泡立て、気になるところを泡で包むように優しくくるくるマッサージします。
手のひらで泡を転がすようなイメージです。

お風呂上りは、クリームやオイルを脚につけイスやベッドに座ります。
両手の親指で片方の膝裏をほぐし、足首から膝まで下から上へやさしく手全体で包むように滑らせます。

膝は丸みを指で沿うようにしてマッサージします。
毎日続けることで血行もよくなり全体がすっきりして肌のトーンも明るくなります。

「除去」
市販のスクラブもありますが、自宅でも作れます。
重曹とオリーブオイルを同量か、重曹多めで混ぜるだけです。
重曹の量で固さはお好みの状態にできます。

お風呂でこのペーストを膝につけて、優しくくるくるとマッサージします。
洗い流すときはぬるま湯でやさしく洗い流しましょう。
週1くらいのペースをおすすめします。

いかがでしょうか。
「膝をつかない」「保湿をする」それだけでも続けていくと随分と変わってくるはずです。
是非試してみて、暑い季節もオシャレを楽しみましょう。