美脚と聞くと細くスラリとした脚をイメージします。ですが、これだけでは美脚と言えません。
膝小僧を見てみると黒ずみが・・・というケースがあります。

膝小僧に黒ずみがあると、どうしても生活感が出てしまいますし、また老けた印象となり美脚とは言えないでしょう。美脚になるには膝小僧の黒ずみを改善する事が必要です。
膝小僧の黒ずみを解消する方法としては「摩擦を減らす」・「保湿を行う」・「紫外線対策を行う」、この3つがおすすめです。

摩擦を減らす

膝は曲げ伸ばしを頻繁に行う部位です。また、日本人は床に座る生活スタイルという事もあり、膝をつきやすい点が特徴です。膝の曲げ伸ばしや膝を床につく行為を行うと、膝部分の皮膚に刺激が加わります。
皮膚は刺激を受けるとメラニン色素を作り出してしまう為、膝は摩擦を受ければ受ける程、メラニン色素が引き金となり黒ずみやすいのです。

膝小僧の黒ずみを改善するには、できるだけ膝の摩擦を減らす事が大切です。
立ったり座る時に膝をつかない正座を避ける事で膝の摩擦を減らせます。

また、摩擦は膝の曲げ伸ばしや、つく事で起こる訳ではありません。
ゴシゴシと膝を擦って洗う事も摩擦となります。膝を洗う際は個すらないように注意しましょう。
この他に、スキニータイプのボトムを避けるといった事も、摩擦予防に繋がるのでおすすめです。

保湿を行う

クリーム

膝は皮脂の量が少ない部位なので、乾燥しています。皮膚は乾燥すると刺激を受けやすくなり、メラニン色素の生成が多くなります。また、乾燥によって古い角質も溜まりやすくなる為、余計に黒ずみが起こりやすいのです。

乾燥による膝小僧の黒ずみは、毎日の保湿ケアで対応しましょう。
化粧水をつけクリームでケアすれば、膝部分の水分量がアップし、黒ずみを解消する効果が期待できます。
セラミドやヒアルロン酸といった、保湿効果に優れた成分を配合した基礎化粧品でケアすると、なお効果的です。

紫外線対策を行う

紫外線を浴びるとシミができやすいという事は、多くの方がご存じでしょう。
紫外線が肌に当たった事で、紫外線のダメージから肌細胞を守る為、メラニン色素が大量に作られる為、シミができやすいと言われています。

顔だけでなく膝も紫外線を浴びる事で、メラニン色素が作られます。
頻繁に紫外線を浴び続けると、メラニン色素がどんどん作られ、やがては黒ずみとなってしまうのです。
ミニスカートやショートパンツといった、膝の出るファッションをする場合は日焼け止めを塗って、紫外線対策を十分に行いましょう。