お尻の黒ずみのケア方法と予防策を紹介します。

お尻が黒ずんでしまう原因

お尻の黒ずみが発生する原因は、いくつか考えられます。
まず考えられるのは、刺激や摩擦により色素が沈着してしまうことです。刺激を受けることで防御作用としてメラニンが生成され、色素が沈着してしまうのです。

これは座りすぎや、洗いすぎ、サイズの合っていない下着を着用しているなどの原因が考えられます。また、お肌の乾燥や摩擦により、皮膚が過角化して角質が厚くなり黒ずんでしまうこともあります。
他にもかぶれや炎症、ホルモンバランスの乱れなどが原因でお尻が黒ずんでしまうこともあります。

黒ずみのケア方法

片手を上げる女性

黒ずんでしまったお尻のケアとしては、いくつかの方法があります。
まずはピーリングと呼ばれる方法があります。酸の働きで角質を取り除くケミカルピーリングと呼ばれる方法で、患部に直接、効果のある保湿クリームや専用の石鹸などを塗ることでケアします。

ハイドロキノンやトレチノインを含有した外用薬を使用する方法もあります。ハイドロキノンはメラニン色素の元となる成分を減少させる効果のあるものです。一方のトレチノインはビタミンA誘導体です。ビタミンAはターンオーバーを促進させ、黒ずみを改善してくれます。どちらもお尻に直接塗ることでケアします。

また、内服薬やバランスの良い食事をとることもお尻のケアにつながります。ビタミンCやビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンEなどが効果的とされています。

専門医によるレーザー治療も効果的です。レーザーにより、直接メラニン色素を破壊するので非常に効果が期待できます。
またピーリングレーザーにより角質の除去もできます。ただ、専門医による手術が必要になるので、他の方法よりも若干、経済的、精神的にハードルが高い方法でもあります。

黒ずみの予防方法

お尻が黒ずむ前に予防することも大変重要です。黒ずみの予防にもいくつかの方法があります。
まず、清潔を保つことです。汚れは様々なトラブルをもたらす温床となります。ただ、洗いすぎは逆効果になるので、強く擦ったりするのはなるべく避ける方がよいでしょう。また、同時に保湿を保つことも大事な予防になります。

また、湯船につかることも、血行を良くしたりリラックスさせたりするので非常に効果的です。ただ、お湯が熱すぎると逆にダメージを受けてしまうので、ぬるめのお湯に長時間つかるのが効果的に予防するコツです。

良質な睡眠も予防の上では欠かせない要素です。睡眠はお肌を修復してくれますし、ターンオーバーも促進してくれます。