おしりは自分で見ることができないのでどのような状態になっているのか気づきにくい部位ですが、知らない間に黒ずみが出来ていることがあります。

その原因は、実は日常生活を深く関わっていることをご存知でしょうか。

実は意外な落とし穴、日常生活が原因?

日頃からデスクワークなどで座って過ごすことが多い人は、おしりに黒ずみができる可能性が高いといえます。
おしりは外からの刺激を受けやすい場所であるため、座っているだけで刺激となりそれがメラニンを生成してしまう原因となることで黒ずんでしまうことが考えられます。

また、自分のサイズよりも大きめの余裕のある下着を身に付けることで肌が擦れて刺激となり黒ずんでしまうことも考えられますので、改善するには自分のサイズに合ったちょうどよい下着を選ぶようにしましょう。

実は痩せ型の人ほど黒ずみができやすい?

7--250

おしりに脂肪がたくさんある人よりも、実は皮膚が薄い痩せている人の方が黒ずみができやすいとされています。
脂肪が少ないことで受けた刺激によって皮膚が正常なターンオーバーを行えなくなると皮膚の修復作業が遅れてしまい黒ずんでしまう原因となってしまうのです。

そのため、直接固い椅子に座るのではなく低反発クッションなどを強いてっから座るようにすると負担が軽減することが考えられます。
加えて、おしりにニキビができてしまうとそれが改善されずに黒ずんでしまうことも考えられますので、ニキビができてしまったと思ったら早めに専用のクリームなどで治療していくことが望ましいといえます。

特に保湿は非常に大切ですのでお風呂が上がりにはしっかりと保湿して行く習慣を身に付けましょう。

改善するのにおすすめの方法とは?

睡眠は肌の大敵とよく言われますが、実はおしりにも同じことが言えてターンオーバーを正常に働かせるためには良質な睡眠が欠かせません。

そして、質の良い睡眠とスキンケアをしっかりと行い、十分に保湿してあげるようにするとターンオーバーが乱れにくく黒ずみができにくい体質となりますので、見えにくくてやりにくかったとしてもしっかりとスキンケアを行うようにしましょう。

それ以外に、おしりにできたニキビから黒住へと移行することも考えられますので規則正しい生活を送り皮脂分泌が多くなることでニキビの原因となる糖質や脂質の多い食事は避けて栄養バランスの良い食事を摂取するように心がけましょう。
おしりの黒ずみを改善する方法は、意外と日常生活において簡単なことですので今日から早速始めてみてはいかがでしょうか。